新種牡馬産駒のデビュー戦、2戦目戦績 (門別、大井、英国)5/11 update

ここまで5頭の新種牡馬の産駒が既にデビューし、以下のような戦績となっている。勝利をあげたのはストロングリターン産駒のストロングキックのみだが、初戦2着の馬が2頭、2戦目に2着になった馬が1頭おり、今後、続々と勝ち名乗りをあげていきそうな気配。

ストロングキックは昨年の北海道サマーセールで194万円で落札されたアイズスタッド生産の牡馬。母母のビバムールフィユは、2002年のG1-阪神ジュベナイルFを勝ったピースオブワールドの全妹。3代母・ビバムールの全姉はタイキシャトルの母であるウェルシュマフィン、となかなかの牝系。

5/7の英ニューマーケットで初戦を迎えたSolid Manは昨年のセレクトセールで外国人に4968万で落札されていた、社台ファーム生産の牡馬。母・マルカサワヤカ(by サンデーサイレンス)はデュランダルの全姉という良血馬で現役時、5勝。ロードカナロアの初年度産駒ということで、現地メディアでもレース前から大いに注目を集めていたが、まさかのシンガリ負け。負け過ぎの感もあるが、2戦目で変わり身を見せられるか、注目したい。

5/11
門別ダ1000m
バモス(by ヘニーヒューズ) 9頭立2着
ローザルーナ(by ローズキングダム) 9頭立7着

5/10
門別ダ1000m
ナツミプレジール(by エスポワールシチー) 9頭立6着
門別ダ1200m
ストロングキック(by ストロングリターン) 9頭立1着
エムオーリターン(by ストロングリターン) 9頭立4着

5/8
大井ダ1000m
タイムロード(by エスポワールシチー)6頭立2着

5/7
英ニューマーケット芝5F
Solid Man (by ロードカナロア)6頭立6着

4/26
門別ダ1200m
ヤマクジラ(by ヘニーヒューズ) 8頭立3着
門別ダ1000m
ローザルーナ(by ローズキングダム) 9頭立7着
バモス(by ヘニーヒューズ) 9頭立4着

4/18
門別ダ1200m
ヤマノファイト(by エスポワールシチー) 9頭立2着