5/20(土)第24回 平安ステークス(G3) 1着・グレイトパール

4歳上 別定 京都ダ1900
1着賞金3600万(付加賞57.4万)

4歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:フォーチュンワード
母父:デヒア
生産牧場:千代田牧場
厩舎:中内田充正(栗東)
騎手:川田将雅
市場取引:2013年セレクトセール 3150万円

中団からじわじわ進出し、4角でケイティブレイブに並びかけると一気に突き放し圧勝。ダート転向後、5連勝で重賞初制覇。2着は最後方から追い込む競馬で新味を出したクリソライト。

1着:2017平安ステークス(G3) 京都ダ1900

父:キングカメハメハは2016年のサラ総合サイアーランキング2位(AEI・2.04)、5/19時点の2017年サラ総合サイアーランキング2位(AEI・2.29)。中央重賞94勝目で、2017年は8勝目。キングカメハメハは以下4頭のダートG1馬を輩出。グレイトパールはこれら先達に続くことが出来るか。

 ホッコータルマエ(母・マダムチェロキー by Cherokee Run)
  2013年NARダートグレード競走特別賞馬
  2014年NARダートグレード競走特別賞馬、JRA最優秀ダートホース
  2015年NARダートグレード競走特別賞馬
  1着:2014チャンピオンズカップ(G1) 中京ダ1800
  1着:2013,2014東京大賞典(G1) 大井ダ2000
  1着:2013JBCクラシック(G1) 金沢ダ2100
  1着:2013,2015帝王賞(G1) 大井ダ2000
  1着:2014,2015,2016川崎記念(G1) 川崎ダ2100
  1着:2013かしわ記念(G1) 船橋ダ1600
 ベルシャザール(母・マルカキャンディ by サンデーサイレンス)
  2013年JRA最優秀ダートホース
  1着:2013ジャパンカップダート(G1) 阪神ダ1800
 タイセイレジェンド(母・シャープキック by メジロマックイーン)
  1着:2012JBCスプリント(Jpn1) 川崎ダ1400
 ハタノヴァンクール(母・ハタノプリエ by ブライアンズタイム)
  1着:2013川崎記念(Jpn1) 川崎ダ2100
  1着:2012ジャパンダートダービー(Jpn1) 大井ダ2000

牝系:母フォーチュンワードは現役時、16戦3勝。2007年の2歳OP芙蓉Sではスマイルジャック(重賞3勝、ダービー2着)を降し1着。本馬は母の3番仔で初仔(父・センノロブロイ)は9戦0勝、2番仔(父・ゼンノロブロイ)は9戦1勝(東京ダ1400)。3代母・ビクトリアクラウン(by ファバージ)は1982年のエリザベス女王杯を優勝。3代母の半姉ミスオーハヤブサの孫がニッポーテイオー、タレンティドガールのG1馬きょうだい。タレンティドガールは曽孫にG1馬ホエールキャプチャを輩出。輸入基礎牝馬は明治40年に小岩井農場が5500円(現在の貨幣価値換算でおよそ5~6億円)でイギリスから輸入したビューチフルドリーマー。

母父:デヒア(by Deputy Minister)は1993年エクリプス賞最優秀2歳牡馬で2歳G1を2勝。BMSとしてBCスプリント連覇のMidnight Lute(父・Real Quiet)、2013年のトラヴァーズSの勝ち馬Will Take Charge(父・Unbridled’s Song)など、G1馬をアメリカで多数輩出。

クロス:Northern Dancer:S5×S5×M5×M5

生産牧場:千代田牧場は昨年のG2-ニュージーランドT(中山芝1600)のダンツプリウス以来の中央平地重賞勝利。ダート重賞勝利は2010年のG3-ユニコーンS(東京ダ1600)のバーディバーディ以来となる久しぶりの勝利。