新馬戦展望・6/3(土)阪神5R・芝1600 2歳世代初の中央新馬勝ち馬は?

中央競馬では現2歳世代最初の新馬戦となる、土曜日の阪神5R。新種牡馬産駒はおらず、ノーザンファーム、社台ファームの生産馬もいない顔触れとなった。各馬の坂路調教動向、プロフィールなどをまとめてみた。

アメイジングセンス 牡2
父・ハーツクライ、母・ヴォルドニュイ、母父・Sky Mesa
生産者・ノースヒルズ、(栗)角田晃一、武豊

5/31(水)半マイル54.9-39.3-25.6-12.8。ラップタイムは15.6-13.7-12.812.8
5/17(水)半マイル53.9-39.1-25.5-13.0。ラップタイムは14.8-13.6-12.5-13.0。

・5/4以降、坂路で14本乗られてきた。

ケイアイノーテック 牡2
父・ディープインパクト、母・ケイアイガーベラ、母父・Smarty Jones
生産者・隆栄牧場、(栗)平田修、福永祐一

5/31(水)半マイル52.2-38.3-25.0-12.5。ラップタイムは13.9-13.3-12.512.5
5/24(水)半マイル54.7-39.4-25.5-12.8。ラップタイムは15.3-13.9-12.712.8
5/17(水)半マイル53.8-38.6-25.1-12.5。ラップタイムは15.2-13.5-12.612.5

・4/27以降、坂路で23本乗られてきた。最終追いは最後までバテない加速ラップを踏みつつ、半マイル52.2。調教の動きから人気を集めそう。母は2010年のG3-プロキオンS(阪神ダ1400)、2011年のG3-カペラS(中山ダ1200)の勝ち馬。

セイウンフォーカス 牡2
父・リーチザクラウン、母・テキスタイル、母父・Grand Lodge
生産者・村上欽哉、(栗)宮本博、幸英明

5/31(水)半マイル52.6-38.6-25.8-13.3。ラップタイムは14.0-12.812.5-13.3。

・坂路で4/21以降、28本乗られてきたが、1F12秒台が出たのは5/31の最終追いが初めて。初年度産駒から重賞ウイナー(キョウヘイ)を送り出した父・リーチザクラウン。3歳世代は22頭が出走して6頭が勝利。勝ち馬率は27.2%。

セドゥラマジー 牝2
父・ダイワメジャー、母・ウイッチトウショウ、母父・ジェイドロバリー
生産者・トウショウ産業株式会社トウショウ牧場、(栗)吉田直弘、川田将雅

・4/28以降、坂路で8本乗られてきたが、1F12秒台の時計は1本も出していない。基本はコースでの調教となっている。2016年のG3-中スポ賞ファルコンS(中京芝1400)の勝ち馬・トウショウドラフタの半妹。サマンサトウショウ、スイープトウショウの近親。

タイセイソニック 牡2
父・ディープブリランテ、母・ヴィエナトウショウ、母父・ワイルドラッシュ
生産者・萩澤國男、(栗)西村真幸、松若風馬

5/31(水)半マイル55.9-39.9-25.5-12.3。ラップタイムは16.0-14.4-13.2-12.3
5/24(水)半マイル55.5-39.3-25.1-12.7。ラップタイムは16.2-14.2-12.412.7
5/17(水)半マイル53.6-38.8-25.4-13.0。ラップタイムは14.8-13.4-12.4-13.0。

・2017年JRAブリーズアップセールにて2916万円で落札。4/28以降、坂路で20本時計を出しており、意欲的に乗られてきた。

タガノライジン 牡2
父・タニノギムレット、母・ビーグレイシャス、母父・Mr.Greeley
生産者・新冠タガノファーム、(栗)鈴木孝志、和田竜二

・4/28以降、坂路で20本時計を出してきたが、1F12秒台を出したのは1本だけ。

ディバインブリーズ 牡2
父・ルーラーシップ、母・スズカモンスーン、母父・More Than Ready
生産者:辻牧場、(栗)須貝尚介、ルメール

・4/23以降、坂路で24本時計を出してきたが、1F12秒台を出したのは2本だけ。近親にサザンヘイロー(種牡馬としてMiss Linda、More Than ReadyなどのG1馬を輩出)。

ナムライヴ 牝2
父・キャプテントゥーレ、母・ナムラローマン、母父・ダンスインザダーク
生産者・八田ファーム、(栗)目野哲也、小林徹弥

・4/29以降、坂路で3本時計を出してきたが、1F12秒台を出したことはない。基本、コースでの調教。アグネスレディーとヤングサリーの全姉妹クロス4×3が特徴的な血統構成。さらにサンデーサイレンスの3×3のクロスもあり。

バイオレントブロー 牡2
父・バゴ、母・バイオレントハート、母父・ダンスインザダーク
生産者・上水牧場、(栗)佐々木晶、鮫島克駿

5/31(水)半マイル55.9-40.7-26.3-13.0。ラップタイムは15.2-14.4-13.3-13.0。

・2016年の北海道セレクションセールにて1512万円で落札。5/6以降、坂路で14本乗られてきたが、1F12秒台を出したことはない。近親にビリーヴ、ファリダット。

ヤマカツケンザン 牡2
父・クロフネ、母・ヤマカツオーキッド、母父・ダンスインザダーク
生産者・フジワラファーム、(栗)池添学、池添謙一

5/28(日)半マイル54.8-40.1-25.8-12.8。ラップタイムは14.7-14.3-13.0-12.8
5/17(水)半マイル54.8-39.6-25.4-12.7。ラップタイムは15.2-14.2-12.712.7

・4/29以降、坂路で10本乗られてきた。母母ヤマカツスズランは1999年のJRA最優秀2歳牝馬。同年のG1-阪神3歳牝馬Sほか、重賞4勝。