土曜日の新馬戦展望・6/10(土)・阪神5R・ロードカナロア産駒2勝目なるか?

ロードカナロア、ストロングリターン、ハードスパン、エイシンフラッシュと4頭の新種牡馬産駒が顔を揃える土曜阪神の新馬戦。坂路調教の状況と出走各馬のプロフィールをお届けする。

アオラニ 牝2
父・ストロングリターン、母・ナムラセレナーデ、母父・アグネスタキオン
生産者・杵臼牧場、(栗)寺島良、松若風馬

6/1(木)半マイル54.6-40.1-26.4-13.1。ラップタイム14.5-13.7-13.3-13.1。
5/24(水)半マイル54.4-39.6-26.4-13.2。ラップタイム14.8-13.2-13.2-13.2。

・5/13以降、坂路で18本乗られてきた。新種牡馬ストロングリターン産駒の中央2頭目のデビュー。母は9戦1勝。本馬は2番仔。祖母の全妹にビワハイジ(ブエナビスタ、アドマイヤオーラ、アドマイヤジャパン、トーセンレーヴ、ジョワドヴィーヴル、サングレアルを輩出)。

アマルフィコースト 牝2
父・ダイワメジャー、母・ジプシーハイウェイ、母父・High Chaparral
生産者・社台ファーム、(栗)牧田和弥、浜中俊

6/7(水)半マイル53.7-38.9-25.4-12.6。ラップタイム14.8-13.5-12.812.6
5/24(水)半マイル55.6-40.9-26.1-12.6。ラップタイム14.7-14.8-13.5-12.6
5/17(水)半マイル56.3-41.9-27.6-13.6。ラップタイム14.4-14.3-14.0-13.6。

・総額2000万円(1口50万×全40口)で募集された社台RHの馬。5/4以降、坂路で23本乗られてきた。6/7に最後までバテない加速ラップを踏み、半マイル53.7を計時。母は2010年の2歳G3-ミエスク賞(FR芝1400)の2着馬。本馬は2番仔。初仔の全兄モンテエイネンは現在、2戦0勝(11着、12着)。

グランデミノル 牝2
父・エンパイアメーカー、母・クロスウォーターⅡ、母父・Storm Cat
生産者・須崎牧場、(栗)本田優、幸英明

5/21(日)半マイル56.7-40.9-27.3-13.6。ラップタイム15.8-13.6-13.7-13.6。
5/10(水)半マイル55.8-40.6-26.4-13.2。ラップタイム15.2-14.2-13.2-13.2。
5/3(水)半マイル58.4-43.9-30.0-15.2。ラップタイム14.5-13.9-14.8-15.2。
4/26(水)半マイル59.1-43.4-28.6-14.1。ラップタイム15.7-14.8-14.5-14.1。

・4/23以降、坂路で19本乗られてきた。母はアメリカで5戦1勝。本馬は5番仔。祖母の半兄に1996年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬、同年のG1-BCジュヴェナイル(ダ8.5F)の勝ち馬・ボストンハーバー(by Capote)。

コウユーヤマト 牡2
父・パイロ、母・キサスキサスキサス、母父・シアトルダンサー2
生産者・戸田ゆり子、(栗)森秀行、川又賢治

6/4(日)半マイル54.6-40.1-26.6-13.2。ラップタイム14.5-13.5-13.4-13.2。
5/25(木)半マイル53.5-40.0-26.7-13.7。ラップタイム13.5-13.3-13.0-13.7。
5/21(日)半マイル59.2-44.3-30.0-15.2。ラップタイム14.9-14.3-14.8-15.2。
5/18(木)半マイル56.4-41.6-27.6-13.7。ラップタイム14.8-14.0-13.9-13.7。
5/14(日)半マイル57.3-42.0-28.3-14.5。ラップタイム15.3-13.7-13.8-14.5。
5/11(木)半マイル59.3-43.7-29.1-14.7。ラップタイム15.6-14.6-14.4-14.7。

・5/10以降、坂路で14本乗られてきた。半マイル60秒以内は6本。母は荒尾で41戦29勝。本馬は7番仔。

コスモエクセレント 牡2
父・アイルハヴアナザー、母・ファインビンテージ、母父・ダンスインザダーク
生産者・ビッグレッドファーム、(栗)吉田直弘、和田竜二

6/6(火)半マイル54.4-39.0-25.4-12.9。ラップタイム15.4-13.6-12.512.9

・5/12以降、坂路で7本乗られてきた。半マイル60秒を切ったのは上記1本のみ。母はノーザンファームの生産馬で15戦2勝。本馬は5番仔。3代母のDelicate Vineは1986年のG1-アーリントンワシントンラッシーS(USAダ7.0F)の勝ち馬。

シゲルアサツキ 牝2
父・ハードスパン、母・ジョウノヴィーナス、母父・サンデーサイレンス
生産者・三城ボクジョウ、(栗)坂口正則、国分恭介

6/7(水)半マイル54.0-39.5-26.1-13.5。ラップタイム14.5-13.4-12.6-13.5。
6/1(木)半マイル56.2-40.5-26.3-13.1。ラップタイム15.7-14.2-13.2-13.1。
5/28(日)半マイル55.6-40.8-27.1-13.4。ラップタイム14.8-13.7-13.7-13.4。
5/7(日)半マイル59.4-44.2-29.5-15.0。ラップタイム15.2-14.7-14.5-15.0。

・4/25以降、坂路で29本乗られてきた。半マイル60秒以内は4本。新種牡馬ハードスパン産駒の中央デビュー戦。母は27戦5勝。本馬は9番仔。叔父ウインラディウスは重賞3勝。祖母の半姉ウメノローザは大井の重賞勝ち馬で、1999年のG1-オークスなど重賞3勝のウメノファイバーを輩出。

ジョイオブライフ 牝2
父・ゼンノロブロイ、母・ジョイオブフライト、母父・Silver Hawk
生産者・オリエント牧場、(栗)池添兼雄、池添謙一

6/4(日)半マイル57.8-40.1-24.9-12.2。ラップタイム17.5-15.2-12.712.2
5/24(水)半マイル56.3-40.8-26.8-13.2。ラップタイム15.5-14.0-13.6-13.2。
5/21(日)半マイル57.3-41.5-27.1-13.1。ラップタイム15.8-14.4-14.0-13.1。
5/14(日)半マイル56.3-41.4-27.3-13.6。ラップタイム14.9-14.1-13.7-13.6。

・5/6以降、坂路で15本乗られてきた。6/4の坂路は全体時計はそれほどでもないが、終いを延ばす追い切りで12秒台を2Fマーク。母は未出走。本馬は11番仔。半姉ストークアンドレイは2012年のG3-函館2歳Sの勝ち馬。母の半姉は2001年のJRA年度代表馬、最優秀3歳牡馬でG1-日本ダービー、G1-ジャパンカップなど重賞4勝のジャングルポケットを輩出。

スカーレットカラー 牝2
父・ヴィクトワールピサ、母・ヴェントス、母父・ウォーエンブレム
生産者・ノースヒルズ、(栗)高橋亮、太宰啓介

5/4(木)半マイル54.8-39.6-26.4-13.7。、ラップタイム15.2-13.2-12.7-13.7。

・4/22以降、坂路で22本乗られてきた。一番時計は上記の5/4のもので、以降は50秒台は未計時。母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で11戦1勝、2012年のJpn3-エーデルワイス賞で3着。本馬は初仔。祖母はアメリカ、フランスで重賞3着が2回。

スズカハイライト 牡2
父・アドマイヤオーラ、母・サンダークラップ、母父・アフリート
生産者・村上牧場、(栗)谷潔、菱田裕二

6/7(水)半マイル54.9-39.2-25.7-13.0。ラップタイム15.7-13.5-12.7-13.0。
6/1(木)半マイル55.3-40.4-26.3-12.8。ラップタイム14.9-14.1-13.5-12.8

・2017年JRAブリーズアップセールにて2484万円にて落札。5/6以降、坂路で14本乗られてきた。母はノーザンファームの生産馬で24戦3勝(新潟、園田)。本馬は7番仔。母の叔父にサンダーガルチ(1995年のエクリプス賞最優秀3歳牡馬、ケンタッキーダービー、ベルモントSなどG1を4勝)、バトルライン(ダート重賞4勝)。

ステラローザ 牝2
父・ロードカナロア、母・ピーチブローフィズ、母父・シンボリクリスエス
生産者・ノーザンファーム、(栗)斉藤崇史、福永祐一

6/7(水)半マイル56.7-41.5-26.4-12.7。ラップタイム15.2-15.1-13.7-12.7
6/4(日)半マイル56.8-40.9-26.2-12.7。ラップタイム15.9-14.7-13.5-12.7
5/21(日)半マイル59.6-43.3-28.7-14.7。ラップタイム16.3-14.6-14.0-14.7。
5/18(木)半マイル54.4-40.4-27.1-14.1。ラップタイム14.0-13.3-13.0-14.1。

・2015年のセレクトセールにて1404万円にて落札。4/19以降、坂路で11本乗られてきた。半マイル60秒以内は4本。新種牡馬ロードカナロア産駒で、先週に続き産駒2勝目を目指す。母は25戦1勝。本馬は2番仔。伯父カフナは重賞入着3回。祖母の半妹ベッラレイアは2007年のG2-フローラSの勝ち馬で、同年のG1-オークス2着。

ビッグウェーブ 牡2
父・ダイワメジャー、母・ドリームエンブレム、母父・ウォーエンブレム
生産者・杵臼牧場、(栗)西園正都、川田将雅

・5/13以降、坂路で16本乗られてきたが、60秒を切る時計は未計時。母は未出走。本馬は4番仔。3代母チャンネルフォーは重賞入着2回。

モンファロン 牡2
父・エイシンフラッシュ、母・ギュイエンヌ、母父・タニノギムレット
生産者・明治牧場、(栗)高橋義忠、岩田康誠

5/24(水)半マイル55.6-40.7-26.8-13.6。ラップタイム14.9-13.9-13.2-13.6。
5/21(日)半マイル59.6-44.6-29.1-14.6。ラップタイム15.0-15.5-14.5-14.6。

・5/13以降、坂路で13本乗られてきた。5/24以降は60秒を切る時計は未計時。母は15戦3勝。本馬は3番仔。新種牡馬エイシンフラッシュ産駒。