土曜日の新馬戦展望・6/10(土)・東京5R・アジアエクスプレスの全弟が登場!

シルポート、ヘニーヒューズの2頭の新種牡馬産駒が登場する土曜東京5R。アジアエクスレスの全弟レピアーウィットは人気を集めるだろうが、シルポート産駒・レディーブラントにも注目したい一戦。

ヴォルフスブルク 牡2
父・マツリダゴッホ、母・ヴォルピア、母父・Ski Champ
生産者・コスモヴューファーム、(美)奥平雅士、石川裕紀

6/8(木)半マイル53.9-39.9-26.9-13.8。ラップタイム14.0-13.0-13.1-13.8。

・5/31以降、坂路で3本乗られてきた。母はアルゼンチン産でブラジルのG3を2勝。本馬は12番仔。母父のSki ChampはアルゼンチンのG1馬でIcecapade産駒。

オルレアンノムスコ 牡2
父・パイロ、母・オルレアンノオトメ、母父・チーフベアハート
生産者・ミルファーム、(美)武市康男、田辺裕信

5/28(日)半マイル57.6-43.2-28.7-14.1。ラップタイム14.4-14.5-14.6-14.1。
5/17(水)半マイル53.6-39.4-25.9-13.1。ラップタイム14.2-13.5-12.8-13.1。
5/14(日)半マイル56.6-41.7-27.5-13.6。ラップタイム14.9-14.2-13.9-13.6。

・4/30以降、坂路で15本乗られてきた。5/28以降は速い時計はなく、コース主体の調整。母は54戦3勝。本馬は初仔。伯父に2014年のJRA最優秀短距離馬、2014年のG1-スプリンターズSの勝ち馬・スノードラゴン。

キミワテンマ 牡2
父・ディープブリランテ、母・ディナータイム、母父・Bering
生産者・ノーザンファーム、(美)武藤善則、柴山雄一

6/7(水)半マイル56.0-40.6-26.2-12.3。ラップタイム15.4-14.4-13.9-12.3
6/4(日)半マイル54.7-40.3-26.5-12.9。ラップタイム14.4-13.8-13.6-12.9
5/28(日)半マイル59.3-43.5-28.4-14.1。ラップタイム15.8-15.1-14.3-14.1。
5/21(日)半マイル55.9-41.0-27.3-13.4。ラップタイム14.9-13.7-13.9-13.4。
5/14(日)半マイル57.4-42.4-28.3-14.0。ラップタイム15.0-14.1-14.3-14.0。

・2016年のセレクトセールにて2592万円にて落札。4/23以降、坂路で19本乗られてきた。母はフランスで14戦3勝。本馬は13番仔。半兄リザーブカードは重賞入着4回。

クワトロダッシュ 牡2
父・タートルボウル、母・ラヴィングサンデー、母父・サンデーサイレンス
生産者・チャンピオンズファーム、(美)牧光二、木幡巧也

5/17(水)半マイル53.4-39.6-26.1-13.1。ラップタイム13.8-13.5-13.0-13.1。

・5/5以降、坂路で11本乗られてきた。5/17以降、坂路で時計を出したのは6/6のみで、コース主体の調整。母は11戦1勝。本馬は6番仔。

ゴールドエントリー 牡2
父・ベーカバド、母・ゴールドジャパン、母父・スターリングローズ
生産者・北勝ファーム、(美)宗像義忠、田中勝春

6/4(日)半マイル55.5-41.0-27.0-12.8。ラップタイム14.5-14.0-14.2-12.8
5/21(日)半マイル55.4-40.2-26.1-12.8。ラップタイム15.2-14.1-13.3-12.8
5/17(水)半マイル55.7-40.6-26.6-13.4。ラップタイム15.1-14.0-13.2-13.4。
5/10(水)半マイル57.2-42.5-27.9-13.7。ラップタイム14.7-14.6-14.2-13.7。

・4/29以降、坂路で44本乗られてきた。母は6戦1勝。本馬は4番仔。

ネイチャータイム 牡2
父・タニノギムレット、母・ベルモントレーヌ、母父・クロフネ
生産者・中川欽一、(美)根本康広、丸山元気

6/4(日)半マイル58.4-43.2-28.7-14.2。ラップタイム15.2-14.5-14.5-14.2。

・2016年北海道オータムセールにて324万円で落札。4/22以降、坂路で37本乗られてきた。母は未出走。本馬は初仔。叔父ベルモントサンダーは2007年のJpn2-東京盃3着。

ノーブルメジャー 牝2
父・ダイワメジャー、母・マンデルーシュ、母父・Alwuhush
生産者・タバタファーム、(美)田村康仁、大野拓弥

5/26(金)半マイル54.5-40.3-26.3-13.2。ラップタイム14.2-14.0-13.1-13.2。
5/18(木)半マイル55.2-40.9-27.6-13.6。ラップタイム14.3-13.3-14.0-13.6。

・5/4以降、坂路で23本乗られてきた。母はドイツで4戦2勝。本馬は8番仔。叔母の産駒・Manduroは2007年のG1-ジャックルマロワ賞などG1を3勝、重賞8勝。

ビッグフライト 牡2
父・サクラゼウス、母・ハートヴァイン、母父・スピードワールド
生産者・スピードファーム、(美)小西一男、野中悠太

6/7(水)半マイル55.8-40.5-26.2-12.8。ラップタイム15.3-14.3-13.4-12.8
5/31(水)半マイル55.0-40.4-26.7-13.5。ラップタイム14.6-13.7-13.2-13.5。

・5/17以降、坂路で4本乗られてきた。母は8戦0勝。本馬は2番仔。父サクラゼウスはサクラバクシンオー産駒で2011年のスタッドイン以降、残した産駒は33頭。CPI:1.02、AEI:0.29はかなり厳しい数字。

ファストアプローチ 牡2
父・Dawn Approach、母・ジョリージョコンド、母父・Marju
生産者・ノーザンファーム、(美)藤沢和雄、戸崎圭太

6/4(日)半マイル56.0-40.5-26.1-12.6。ラップタイム15.5-14.4-13.5-12.6
5/28(日)半マイル56.5-40.7-25.6-12.2。ラップタイム15.8-15.1-13.4-12.2
5/21(日)半マイル57.1-41.5-26.3-12.3。ラップタイム15.6-15.2-14.0-12.3
4/30(日)半マイル58.5-42.5-27.1-13.6。ラップタイム16.0-15.4-13.5-13.6。

・4/29以降、坂路で22本乗られてきた。母はアイルランドで10戦1勝。本馬は初仔。伯父に2016年のG1-香港ヴァーズなど重賞5勝の現役馬・サトノクラウン。父Dawn ApproachはNew Approach産駒で、Galileoの孫。2013年のG1-英2000ギニーなどG1を4勝。

プレトリア 牡2
父・ヨハネスブルグ、母・ダイワエタニティー、母父・ジャングルポケット
生産者・大北牧場、(美)中川公成、吉田隼人

・2017年のJRAブリーズアップセールにて1350万円で落札。4/29以降、坂路で25本乗られてきたが、半マイル60秒を切る時計は出していない。母は9戦0勝。本馬は3番仔。叔父に重賞2勝のダイワファルコン、祖母ダイワルージュは2000年のG3-新潟3歳Sの勝ち馬で、ダイワメジャーの全姉、ダイワスカーレットの半姉にあたる。

ベルウッドキング 牡2
父・バゴ、母・アズマガール、母父・キングカメハメハ
生産者・増尾牧場、(美)和田雄二、黛弘人

・2017年のJRAブリーズアップセールにて518.4万円で落札。4/28以降、坂路で26本乗られてきたが、半マイル60秒を切る時計は出していない。母は11戦0勝。本馬は初仔。伯母モリトシラユリは今年のG3-フェアリーSで3着。

マイネルキャドー 牡2
父・ディープブリランテ、母・モントレゾール、母父・Cadeaux Genereux
生産者・市川牧場、(美)矢野英一、柴田大知

5/28(日)半マイル57.9-39.8-24.7-11.8。ラップタイム18.1-15.1-12.911.8
5/18(木)半マイル53.2-38.7-25.5-13.1。ラップタイム14.5-13.2-12.4-13.1。
5/14(日)半マイル58.4-40.6-25.7-12.5。ラップタイム17.8-14.9-13.2-12.5

・2016年の北海道サマーセールにて594万円で落札。5/9以降、坂路で6本乗られてきた。母は社台ファームの生産馬で12戦0勝。本馬は9番仔。祖母コミラスはフランスのG3勝ち馬。

ミスベル 牝2
父・ヨハネスブルグ、母・レディーロックフォード、母父・Invincible Spirit
生産者・三石川上牧場、(美)伊藤正徳、武士沢友

6/7(水)半マイル57.5-41.5-26.9-12.8。ラップタイム16.0-14.6-14.1-12.8
5/31(水)半マイル54.8-40.3-26.6-13.3。ラップタイム14.5-13.7-13.3-13.3。
5/28(日)半マイル58.1-40.4-25.5-12.7。ラップタイム17.7-14.9-12.812.7
5/24(水)半マイル55.8-41.6-27.5-13.3。ラップタイム14.2-14.1-14.2-13.3。
5/17(水)半マイル55.9-41.7-28.0-14.0。ラップタイム14.2-13.7-14.0-14.0。

・2017年のJRAブリーズアップセールにて594万円にて落札。5/17以降、坂路で12本乗られてきた。母は6戦1勝。本馬は3番仔。3代母カナディアンミルⅡは1986年のG1-チヴァリーパークS(GB芝6.0F)で2着。

ミヤビチーター 牡2
父・ショウナンカンプ、母・ミヤビグローリー、母父・アグネスタキオン
生産者・静内白井牧場、(美)高橋文雅、藤田菜七子

5/25(木)半マイル57.7-40.1-25.2-12.3。ラップタイム17.6-14.9-12.912.3

・4/29以降、坂路で20本乗られてきた。半マイル60秒を切ったのは上記1本のみで基本はコースでの調整。母は未出走。本馬は3番仔。祖母タフグレイスは2002年のG3-中山金杯2着、3代母システィーナは1995年のG3-京都牝馬特別の勝ち馬。

モリトカチグリ 牡2
父・ロージズインメイ、母・タカミツグリーン、母父・タニノギムレット
生産者・鮫川啓一、(美)小桧山悟、内田博幸

・2016年の北海道サマーセールにて507.6万円にて落札。4/28以降、坂路で31本乗られてきたが、半マイル60秒を切る時計は出していない。母は金沢で25戦6勝。本馬は2番仔。

レッドチェイサー 牡2
父・キングヘイロー、母・レッドリップス、母父・フレンチデピュティ
生産者・社台ファーム、(美)国枝栄、北村宏司

5/28(日)半マイル57.2-41.3-27.0-13.5。ラップタイム15.9-14.3-13.5-13.5。

・5/13以降、坂路で12本乗られてきた。母は18戦3勝。本馬は4番仔。伯母オレンジティアラは2009年のG3-小倉2歳Sで3着。祖母の全姉オレンジピールは重賞3勝、半姉メローフルーツは1993年のG3-札幌3歳Sの勝ち馬。

レディーブラント 牝2
父・シルポート、母・デュランティ、母父・サクラバクシンオー
生産者・ダイヤモンドファーム、(美)石栗龍彦、柴田善臣

6/7(水)半マイル55.2-40.1-26.1-12.7。ラップタイム15.1-14.0-13.4-12.7
6/4(日)半マイル57.9-42.1-27.6-13.5。ラップタイム15.8-14.5-14.1-13.5。
5/31(水)半マイル56.8-41.6-27.3-13.6。ラップタイム15.2-14.3-13.7-13.6。

・5/28以降、坂路で4本乗られてきた。6/7は最後までバテない加速ラップを踏み、半マイル55.2。仕上がりが早そうな印象。新種牡馬シルポート産駒の中央デビュー戦。既に産駒のザワールドが好内容で佐賀で勝っており、本馬にも注目が集まる。母は19戦1勝。本馬は4番仔。3代母サクラレディⅡの半兄は1987年のG1-リュパン賞など、重賞5勝のグルームダンサー。

レピアーウィット 牡2
父・ヘニーヒューズ、母・ランニングボブキャッツ、母父・Running Stag
生産者・ノーザンファーム、(美)堀宣行、Mデムーロ

6/4(日)半マイル56.7-41.3-26.5-13.2。ラップタイム15.4-14.8-13.3-13.2。
5/28(日)半マイル56.0-40.8-26.3-13.2。ラップタイム15.2-14.5-13.1-13.2。
5/21(日)半マイル55.5-40.8-26.1-13.3。ラップタイム14.7-14.7-12.8-13.3。
5/14(日)半マイル57.3-42.1-27.6-13.3。ラップタイム15.2-14.5-14.3-13.3。

・2016年のセレクトセールにて1億5120万円で落札。4/29以降、坂路で26本乗られてきた。母はアメリカで31戦9勝。本馬は4番仔。全兄アジアエクスプレスは2013年のJRA最優秀2歳牡馬で、同年のG1-朝日杯フューチュリティS(中山芝1600)、2014年のG3-レパードS(新潟ダ1800)の勝ち馬。新種牡馬ヘニーヒューズは既に大人気の種牡馬だが、本馬も活躍するようなことになると、ますます人気と評価が上がることになろう。