明日の新馬戦展望・6/11(日)・東京6R・ロードカナロア産駒の2勝目なるか?

ロードカナロア、エイシンフラッシュの2頭の新種牡馬産駒が出走する牝馬限定の芝1600m戦。ロードカナロア産駒・レッドレグナントは先週勝ったステルヴィオに続くことが出来るか?

1・フロースヒルデ 牝2
父・エンパイアメーカー、母・ジョウノナンシー、母父・フレンチデピュティ
生産者・浦新徳司、(美)蛯名利弘、宮崎北斗

・2017年のJRAブリーズアップセールにて648万円で落札。5/18以降、坂路で17本乗られてきたが、早い時計は出していない。母は16戦1勝(新馬勝ち)。本馬は5番仔。叔父シャドウスケイプは2004年のG3-根岸S、2004年のG3-クラスターCの勝ち馬。祖母シーズグレイスは重賞入着3回。

2・レッドレグナント 牝2
父・ロードカナロア、母・エンプレスティアラ、母父・クロフネ
生産者・ノーザンファーム、(美)大竹正博、丸田恭介

6/4(日)半マイル59.7-43.7-28.3-13.5。ラップタイム16.0-15.4-14.8-13.5。
5/28(日)半マイル57.8-42.0-27.6-13.5。ラップタイム15.8-14.4-14.1-13.5。
5/21(日)半マイル58.5-43.0-28.0-13.7。ラップタイム15.5-15.0-14.3-13.7。
5/18(木)半マイル57.6-42.6-28.1-13.8。ラップタイム15.0-14.5-14.3-13.8。

・4/30以降、坂路で24本乗られてきた。母は2戦0勝。本馬は7番仔。いとこに2014年にG3-富士Sの勝ち馬で現役馬ステファノス。祖母ゴールドティアラは2000年のG1-マイルChS南部杯など、重賞5勝。新種牡馬ロードカナロア産駒。

3・トーセンアンバー 牝2
父・ディープインパクト、母・ワルツオブキャット、母父・Songandaprayer
生産者・エスティファーム、(美)菊沢隆徳、横山典弘

6/7(水)半マイル56.4-41.5-26.7-12.7。ラップタイム14.9-14.8-14.0-12.7
5/28(日)半マイル56.8-42.6-28.7-14.2。ラップタイム14.2-13.9-14.5-14.2。
5/10(日)半マイル58.6-42.5-27.6-13.9。ラップタイム16.1-14.9-13.7-13.9。

・3/18以降、坂路で20本乗られてきた。母は社台ファームの生産馬で門別で6戦4勝。本馬は4番仔。祖母Delmonico Catはアメリカの芝G3勝ち馬。母父Songandaprayerは2001年のG1-ファウンテンオヴユースSの勝ち馬で、Unbridled’s Song産駒。

4・トリニティハート 牝2
父・マツリダゴッホ、母・トウカイデンヒル、母父・デインヒル
生産者・帰山清貴、(美)和田正道、丸山元気

5/24(水)半マイル56.5-41.6-27.1-13.2。ラップタイム14.9-14.5-13.9-13.2。

・2016年の北海道オータムセールにて151.2万円で落札。5/23以降、坂路で3本乗られてきた。母は8戦1勝(新馬勝ち)。母の名前はデインヒルではなく「デンヒル」。本馬は12番仔。叔母トウカイビスタは1994年のG3-チューリップ賞で3着。

5・ホーリーレジェンド 牝2
父・アイルハヴアナザー、母・セイングレンド、母父・バブルガムフェロー
生産者・ノーザンファーム、(美)栗田博憲、内田博幸

5/31(水)半マイル52.9-38.5-25.1-12.0。ラップタイム14.4-13.4-13.1-12.0
5/17(水)半マイル52.9-38.1-24.9-12.2。ラップタイム14.8-13.2-12.712.2
5/10(水)半マイル56.0-40.9-26.7-13.0。ラップタイム15.1-14.2-13.7-13.0。
5/5(金)半マイル58.1-42.0-27.6-13.7。ラップタイム16.1-14.4-13.9-13.7。

・4/14以降、坂路で26本乗られてきた。5/31、5/17の時計は出走メンバー中、最速。母は23戦4勝。本馬は6番仔。いとこに2015年のJRA最優秀4歳以上牡馬で、2015年のG1-天皇賞(秋)、G1-宝塚記念など重賞6勝のラブリーデイ。

6・ランリーナ 牝2
父・エイシンフラッシュ、母・アップルティー、母父・サンデーサイレンス
生産者・元道牧場、(美)竹内正洋、吉田豊

5/21(日)半マイル54.9-40.2-26.4-12.9。ラップタイム14.7-13.8-13.5-12.9

・2017年のJRAブリーズアップセールにて939.6万円で落札。4/28以降、坂路で8本乗られてきた。母は社台ファームの生産馬で10戦0勝。本馬は8番仔。いとこに今年のG3-愛知杯の勝ち馬・マキシマムドパリ。伯母ハシッテホシーノは2009年のG2-フローラSで3着。新種牡馬エイシンフラッシュ産駒。

7・ラヴァーズインメイ 牝2
父・ロージズインメイ、母・ラブシービル、母父・マイネルラヴ
生産者・市川牧場、(美)青木孝文、柴田大知

6/3(土)半マイル59.1-43.0-27.9-13.6。ラップタイム16.1-15.1-14.3-13.6。
5/28(日)半マイル58.7-42.3-27.9-14.2。ラップタイム16.4-14.4-13.7-14.2。

・2016年の北海道サマーセールにて216万円で落札。5/24以降、坂路で7本乗られてきた。母は11戦0勝。本馬は3番仔。叔父マイネルハーティーは2005年のG2-ニュージーランドTの勝ち馬。

8・スマイルサンティエ 牝2
父・エンパイアメーカー、母・ロゼットネビュラ、母父・ネオユニヴァース
生産者・日高大洋牧場、(美)黒岩陽一、柴山雄一

6/4(日)半マイル59.5-43.8-28.5-13.5。ラップタイム15.7-15.3-15.0-13.5。
5/28(日)半マイル59.5-43.2-28.4-13.9。ラップタイム16.3-14.8-14.5-13.9。
5/21(日)半マイル59.7-44.2-29.1-13.6。ラップタイム15.5-15.1-15.5-13.6。
5/14(日)半マイル59.0-43.0-28.2-14.0。ラップタイム16.0-14.8-14.2-14.0。
5/11(木)半マイル56.0-40.9-26.7-13.2。ラップタイム15.1-14.2-13.5-13.2。
5/7(日)半マイル59.1-43.8-28.1-13.5。ラップタイム15.3-15.7-14.6-13.5。

・2017年のJRAブリーズアップセールにて972万円で落札。4/30以降、坂路で18本乗られてきた。母はノーザンファームの生産馬で2戦0勝。本馬は5番仔。叔母ロゼカラー、叔父ロサード、ヴィータローザ、いとこのローズバド、ローゼンクロイツは全て重賞勝ち馬。

9・ホシノコ 牝2
父・トーセンホマレボシ、母・ソラコマチ、母父・サクラバクシンオー
生産者・村上牧場、(美)的場均、西村太一

6/7(水)半マイル55.6-40.3-26.4-12.9。ラップタイム15.3-13.9-13.5-12.9
5/31(水)半マイル57.6-42.4-28.0-13.6。ラップタイム15.2-14.4-14.4-13.6。

・2016年の北海道サマーセールにて108万円で落札。5/6以降、坂路で22本乗られてきた。母は6戦1勝(新馬勝ち)。本馬は初仔。母のいとこに2008年のG3-ユニコーンSの勝ち馬・ユビキタス。

10・サラート 牝2
父・マルカシェンク、母・メジロアニマート、母父・フレンチデピュティ
生産者・大典牧場、(美)萱野浩二、岩部純二

・2016年の北海道サマーセールにて162万円で落札。5/14以降、坂路で15本乗られてきたが、早い時計は未計時。母は6戦1勝(新馬勝ち)。本馬は4番仔。

11・リープフラウミルヒ 牝2
父・ステイゴールド、母・ピノブラン、母父・クロフネ
生産者・ビッグレッドファーム、(美)相沢郁、石川裕紀

・5/16以降、坂路で10本乗られてきたが、早い時計は未計時。母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で26戦2勝。本馬は3番仔。伯父フェイトフルウォーは2011年のG2-セントライト記念の勝ち馬。

12・クレマン 牝2
父・ダノンシャンティ、母・パナマックス、母父・クロフネ
生産者・村上欽哉、(美)佐藤吉勝、杉原誠人

5/25(木)半マイル53.2-39.4-26.1-13.2。ラップタイム13.8-13.3-12.9-13.2。
5/18(木)半マイル58.1-42.4-27.7-13.5。ラップタイム15.7-14.7-14.2-13.5。

・2016年の北海道サマーセールにて432万円で落札。4/30以降、坂路で23本乗られてきた。母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で13戦1勝。本馬は6番仔。いとこのシルクシュナイダーはダート重賞で3着2回。叔父マキシマムブレイズは障害重賞で入着3回。