6/11(日) メイクデビュー東京 1着・ジナンボー

2歳新馬・東京芝1800
1着賞金700万円

2歳牡馬
父:ディープインパクト
母:アパパネ
母父:キングカメハメハ
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(美)堀宣行
騎手:Mデムーロ

注目の超良血馬・ジナンボーが1人気に応える快勝。道中は逃げ馬をマークする形の2番手。直線に向くあたりでは持ったままで先頭に立ち、気合いを入れただけで鞭を使うこともなく勝利。勝ち時計1:49:9。推定上り34.8。

父:ディープインパクト産駒は先週のケイアイノーテックに続く新馬勝ち。ディープインパクトは2012年以降、サラ総合リーディング首位を継続中。サラ総合2歳リーディングは初年度産駒がデビューした2010年から2014年まで首位。2015年はダイワメジャーに次ぐ2位。2016年は首位。以下にまとめたものは2歳ランキングの推移。

2010年(74頭出走、35頭勝利、重賞勝ち1頭、AEI:3.47)
2011年(79頭出走、29頭勝利、重賞勝ち3頭、AEI:2.90)
2012年(76頭出走、34頭勝利、重賞勝ち0頭、AEI:2.52)
2013年(83頭出走、36頭勝利、重賞勝ち1頭、AEI:2.57)
2014年(88頭出走、32頭勝利、重賞勝ち3頭、AEI:3.25)
2015年(90頭出走、35頭勝利、重賞勝ち3頭、AEI:2.89)
2016年(83頭出走、30頭勝利、重賞勝ち2頭、AEI:2.53)

牝系:母は2010年のJRA最優秀3歳牝馬、2009年のJRA最優秀2歳牝馬で牝馬3冠馬、G1を5勝。本馬は2番仔。初仔モクレレは本馬の全兄にあたり、現在1戦0勝(2017年2月東京芝1800の新馬戦で0.2秒差の6着)。

母父:キングカメハメハはまだBMSとしてG1馬は輩出していないが、重賞勝ち馬は多数輩出。「父・ディープインパクト、母父・キングカメハメハ」は今後も増えてくる配合だろうが、この配合での現時点での唯一の重賞勝ち馬はデニムアンドルビー。

 デニムアンドルビー(父・ディープインパクト)※現役馬
 1着:2013ローズS(G2) 阪神芝1800
 1着:2013フローラS(G2) 東京芝2000
 2着:2013ジャパンC(G1) 東京芝2400(※1着ジェンティルドンナ)
 2着:2015宝塚記念(G1) 阪神芝2200(※1着ラブリーデイ)

クロス:なし

生産牧場:ノーザンファームは先週日曜のヴァイザー、ステルヴィオに続く、今年の中央新馬3勝目。