現役獣医師による2017年社台RH募集馬評価 ③後躯

①脚向編、②トップライン編に続き、2017年の社台RH募集馬のDVD評価から、③後躯編をお届けする。

後躯:
後躯は推進力を生みます。馬が前に進む上で後躯の強さは非常に大切です。
トレーニングで鍛えることも可能ですが、体重の約60%を支える前肢に比べ、難しく、成長が遅いです。
若駒の段階で後躯が発達しているということは、もともと持っている筋肉量が多い、後躯に筋肉がつきやすいことを意味します。負荷をかけることによってより強い推進力を得て、それがレースでの走りにつながると期待できます。

※以下の評価リストは出資馬選択にお悩みの方々に判断材料の一つを提供することで、出資馬選択の一助になれば、という当サイトの考えに賛同頂いた、某有力牧場に勤める現役獣医師(騎乗・調教経験有)に募集馬のDVDを見てもらい、客観的評価を依頼したものです。事情により、獣医師の実名は伏せさせて頂きますが、有意義な材料になっているものと自負しております。

※尚、注意点として、あくまでもDVD映像のみで判断しており、実馬をみて判断が変わる可能性があることをご理解の上、ご自身の評価と照らし合わせながらご覧頂きたい。尚、購入・出資は自己責任でお願いいたします。

(優)
42  ドバウィハイツの16

(良)
3   スタセリタの16
4   ソーマジックの16
22   マルセリーナの16
25   イマーキュレイトキャットの16
32   シュペリユールの16
34   ロマンシングジェムの16
41   スキアの16
44   クリアンサスの16
45   ヴェルダの16
50   ゴールデンドックエーの16