6/17(土) メイクデビュー東京 1着・マイネルユキツバキ

2歳新馬・東京ダ1400
1着賞金700万円

2歳牡馬
父:アイルハヴアナザー
母:カメリアビジュ
母父:フジキセキ
生産牧場:本間牧場
厩舎:(美)高木登
騎手:柴田大知

直線を向いた時点では5番手にいた、マイネルユキツバキが一気に弾けて2着に4馬身差をつける快勝。勝ち時計1:27:1。推定上り38.1。

父:アイルハヴアナザー産駒は先週のホーリーレジェンドに続き、早くも産駒2勝目。芝とダートで勝ち馬を輩出したことになるが、AEIで比べると昨年は芝0.33に対し、ダートは0.54。今年はここまで芝0.22に対し、ダートは0.85とダート優位な数字。昨年のサラ総合2歳リーディングランキングは15位(70頭出走、16頭勝利、AEI:1.07)。

牝系:母は社台ファームの生産馬で18戦1勝。本馬は2番仔。叔父シビルウォーはダート重賞5勝。祖母チケットトゥダンスが輸入基礎牝馬。

母父:フジキセキの近5年のサラ総合BMSランキングは6→8→7→5→4位。今年は現時点で5位。BMSとして輩出した主な産駒はサウンドトゥルー(ダートG1を2勝)、ホワイトフーガ(ダートG1を2勝)とともにダートの猛者。他にもゴーイングパワー、カネマサコンコルドがダート重賞を勝利。

クロス:Sadler’s Wells:M3×S5、Mr. Prospector:S5×S5、Danzig:S5×S5

生産牧場:本間牧場の近年の主な活躍馬は以下の通り。

 オースミバーディー(父・ジェイドロバリー、母・ニッポーバーディー by ニッポーテイオー)
 2着:2002クイーンC(G3) 東京芝1600(※1着シャイニンルビー)
 ナノテクノロジー(父・マーベラスサンデー、母・ピルエット by ノーザンテースト)
 1着:2002不来方賞、2003金杯、2002ウインターC、2001若駒賞
 ※いずれも岩手競馬のノングレード(GもJpnもつかない)の地方重賞