今日の新馬戦展望・6/18(日)・東京6R・ヘニーヒューズ産駒がついに今年の中央新馬初勝利か?

新種牡馬ヘニーヒューズ産駒は既に川崎、浦和、門別で新馬勝ちしているが、中央ではレピアーウイットの2着が最高。ムスコローソがここでヘニーヒューズ産駒中央新馬初勝利となるか、要注目。

1・マントラ 牝2
父・アグネスデジタル、母・アグネスファスト、母父・アグネスタキオン
生産者・天羽牧場、(美)的場均、的場勇人

・2016年の北海道サマーセールにて270万円にて落札。登板実績なし。母は5戦1勝。本馬は5番仔。祖母ファイトガリバーは1996年のG1-桜花賞の勝ち馬。

2・ホクサイ 牡2
父・アルデバラン2、母・ミヤビアゼリア、母父・フジキセキ
生産者・金石牧場、(美)粕谷昌央、木幡巧也

・2017年JRAブリーズアップセールにて324万円にて落札。4/30以降、坂路で18本乗られてきた。半マイル50秒台は4本で、5/21(57.5)、5/28(59.4)、6/4(59.7)、6/11(57.3)。坂路で早めの時計を出すのは日曜日で、週中はコースにて調整。母は34戦3勝。本馬は6番仔。祖母の半妹ジョーディシラオキ、祖母の半弟ヒミツヘイキはいずれも重賞勝ち馬。

3・ジャベルアンドレ 牝2
父・ダイワメジャー、母・ダンシングクイーン、母父・Giant’s Causeway
生産者・吉田ファーム、(美)牧光二、柴田善臣

6/7(水)半マイル53.4-38.1-24.6-12.4。ラップタイム15.3-13.5-12.212.4

・5/26以降、坂路で6本乗られてきた。半マイル50秒台は2本で、6/3(55.9)、6/7(53.4)。1週前の時計が上記のもので、最終追いはコースにて行う。母は4戦1勝。本馬は4番仔。3代母Possibly PerfectはアメリカでG1を6勝。

4・レディライク 牝2
父・トビーズコーナー、母・チェリーシェル、母父・サクラバクシンオー
生産者・荻伏服部牧場、(美)蛯名利弘、北村宏司

・5/27以降、坂路で17本乗られてきた。半マイル50秒台は未計時。母は7戦0勝。本馬は初仔。叔母クリスタルヴィオレは2004年のG3-クイーンCで2着。

5・ラインマッシモ 牡2
父・トビーズコーナー、母・イセノメガミ、母父・ネオユニヴァース
生産者・桑田正己、(美)蛯名利弘、石川裕紀

・2016年の北海道サマーセールにて324万円にて落札。5/11以降、坂路で28本乗られてきた。半マイル50秒台は未計時。母は5戦0勝。本馬は2番仔。4代母Solarはアイルランドで2歳重賞2勝。

6・ミヤビフィオーラ 牝2
父・マンハッタンカフェ、母・ミヤビグレイス、母父・キングカメハメハ
生産者・静内白井牧場、(美)中舘英二、大野拓弥

・4/30以降、坂路で23本乗られてきた。半マイル50秒台は1本で、5/11(58.6)。母は1戦0勝。本馬は4番仔。祖母システィーナは1995年のG3-京都牝馬特別の勝ち馬。

7・ムスコローソ 牡2
父・ヘニーヒューズ、母・ルナレガーロ、母父・アドマイヤムーン
生産者・ノーザンファーム、(美)手塚貴久、戸崎圭太

・2015年のセレクトセールにて4536万円にて落札。4/15以降、坂路で5本乗られてきた。半マイル50秒台は2本で、6/4(57.7)、6/11(58.2)。週末に坂路で時計を出し、週中はコースで調整、というパターン。母は4戦0勝。本馬は初仔。オークス馬・ダイナカールを牝祖とする牝系で、叔父オレハマッテルゼ、叔母エガオヲミセテ、叔父フラアンジェリコは全て重賞勝ち馬。新種牡馬ヘニーヒューズ産駒

8・レスパス 牡2
父・コンデュイット、母・ペスカトリーチェ、母父・ラストタイクーン
生産者・荒木貴宏、(美)佐藤吉勝、菊沢一樹

6/14(水)半マイル53.9-39.8-26.7-13.6。ラップタイム14.1-13.1-13.1-13.6。

・4/23以降、坂路で28本乗られてきた。半マイル50秒台は5本で、5/18(58.1)、5/25(55.3)、6/1(57.2)、6/8(57.9)、6/14(53.9)。母は35戦4勝。本馬は7番仔。

9・ウッドカービング 牡2
父・パイロ、母・スターゲイジング、母父・ホワイトマズル
生産者・ミルファーム、(美)尾関和人、江田照男

6/14(水)半マイル52.0-38.4-25.5-12.6。ラップタイム13.6-12.912.912.6

・4/30以降、坂路で27本乗られてきた。半マイル50秒台は4本で、5/25(54.5)、5/28(59.3)、6/11(56.3)、6/14(52.0)。今週の上記最終追いは同日の美浦2歳の最速タイム。本馬は26戦2勝。本馬は初仔。

10・トニーファイブ 牡2
父・メイショウボーラー、母・デザートチャーム、母父・Dubai Destination
生産者・静内山田牧場、(美)星野忍、武士沢友

・5/7以降、坂路で31本乗られてきた。半マイル50秒台は3本で、5/25(56.5)、6/4(59.8)、6/11(56.8)。母は25戦2勝。本馬は2番仔。母の伯父に2005年のG1-ジャパンカップ、同年のG1-サンクルー大賞の勝ち馬・アルカセット。

11・エングローサー 牡2
父・トランセンド、母・エンブレイス、母父・アフリート
生産者・土居牧場、(栗)清水久詞、ルメール

6/14(水)半マイル53.0-38.9-25.4-13.0。ラップタイム14.1-13.5-12.4-13.0。
6/4(日)半マイル54.4-38.9-24.5-12.3。ラップタイム15.5-14.4-12.212.3

・5/13以降、坂路で16本乗られてきた。半マイル50秒台は4本で、5/21(55.0)、5/28(57.6)、6/4(54.4)、6/14(53.0)。母は3戦1勝。本馬は6番仔。

12・ジュンホープ 牡2
父・ケイムホーム、母・ビクトリアスズラン、母父・サンデーサイレンス
生産者・水上習孝、(美)畠山吉宏、菱田裕二

・2017年のJRAブリーズアップセールにて432万円にて落札。5/7以降、坂路で2本乗られてきた。半マイル50秒台は未計時。母は11戦0勝。本馬は13番仔。3代母ビクトリアクラウンは1982年のエリザベス女王杯の勝ち馬。

13・スプンタマンユ 牡2
父・パイロ、母・エンジェルフェザー、母父・ボストンハーバー
生産者・ミルファーム、(美)岩戸孝樹、西田雄一

・5/7以降、坂路で14本乗られてきた。半マイル50秒台は5本で、5/24(57.7)、5/28(59.5)、5/31(55.0)、6/7(55.2)、6/14(56.0)。母は26戦2勝。本馬は4番仔。母の伯母エイシンカチータは重賞入着2回。

14・オグマンテ 牡2
父・ダノンシャンティ、母・スサーナトウショウ、母父・ロックオブジブラルタル
生産者・トウショウ産業株式会社トウショウ牧場、(美)勢司和浩、丸田恭介

6/14(水)半マイル53.3-38.8-25.2-12.5。ラップタイム14.5-13.6-12.712.5
6/7(水)半マイル53.3-38.7-25.5-12.7。ラップタイム14.6-13.2-12.812.7

・5/20以降、坂路で14本乗られてきた。半マイル50秒台は4本で、5/28(57.7)、5/31(56.1)、6/7(53.3)、6/14(53.3)。2週連続、加速ラップの好時計を計時。母は11戦0勝。本馬は3番仔。祖母シーイズトウショウは重賞5勝。伯父トウショウピストは重賞入着馬。

15・リンシャンカイホウ 牡2
父・アドマイヤムーン、母・トリプルアクト、母父・Theatrical
生産者・パカパカファーム、(美)田中剛、内田博幸

・2016年の北海道セレクションセールにて1458万円にて落札。5/31以降、坂路で4本乗られてきた。半マイル50秒台は3本で、6/4(56.2)、6/11(59.6)、6/14(55.1)。母は英米で3戦1勝。本馬は5番仔。4代母Numberはジェイドロバリーの母、5代母SpecialはNureyevの母で、Sadler’s Wells、Fairy King、Tate Galleryの祖母。