2019サンデーTC募集馬・評価情報④ No.166~184

ここまで掲載してきた、今年のサンデーサラブレッドクラブ募集馬の兄姉*の競走成績などの情報はこれが最終回(No.101~165は下記のリンクを参照)。海外種牡馬の産駒については概要を補足してある。

*JRAで出走歴のある馬(ないし2歳馬)のみ

スポンサーリンク

2019サンデーサラブレッドクラブ募集馬

上段:募集番号・馬名・種牡馬・牡牝・募集総額(万円)・予定厩舎・提供牧場・公式ページの一言コメント
下段の表:(兄姉の)馬名・性齢・現時点のJRA着度数(1着-2着-3着-他)・厩舎・種牡馬・取引価格 or 募集総額(万円) セレクト=セレクトセール、オータム=北海道オータムセール、社台OW=社台グループオーナーズ、サンデー=サンデーサラブレッドクラブ、社台=社台サラブレッドクラブ、ジーワン=G1サラブレッドクラブ、キャロット=キャロットC、シルク=シルクHC

166 アスコルティの18 ドゥラメンテ 牡 4,000 西村 真幸 ノーザンファーム 祖母リッスン、叔母タッチングスピーチはローズS勝ち

アストンクリントン牡2 0- 0- 0- 0(未)ハーツクライサンデー4000

167 マザーロシアの18 ドゥラメンテ メス 2,000 松下 武士 ノーザンファーム 母は北米7勝。半兄ゴールデンバローズはUAEダービー3着

ゴールデンバローズ牡7 5- 2- 1-13(美)堀宣行Tapit・・・
ロマーシカ牝2 0- 0- 0- 0(未)ゴールドアリュールシルク1800

168 マジックタイムの18 モーリス 牡 4,000 友道 康夫 ノーザンファーム 初仔。母はダービー卿CTを含む6勝。

初仔

169 ラルナデミエルの18 モーリス メス 1,600 西村 真幸 白老ファーム 母は米G3勝ち、祖母は独オークス4着のドイツ血統。

リュイザン牡5 0- 0- 1- 5(美)二ノ宮敬ステイゴールドジーワン3600
ラントカルテ牡4 0- 0- 0- 3(美)鹿戸雄一オルフェーヴルジーワン4000
エクスプローシブ牡3 0- 1- 0- 2(美)尾関知人オルフェーヴル社台4000
ラルナジェナ牝2 0- 0- 0- 0(美)奥村武ハーツクライサンデー2400

170 モルガナイトの18 モーリス メス 3,000 音無 秀孝 ノーザンファーム 半兄ブラックスピネルは東京新聞杯勝ち。半姉モーヴサファイア5勝

ブラックスピネル牡6 5- 4- 1-16(栗)音無秀孝タニノギムレットサンデー2800
モーヴサファイア牝5 5- 4- 0- 4(栗)池添学ハービンジャー・・・
ローズベリル牝4 1- 2- 0- 4(栗)高野友和キングカメハメハサンデー3600
ブラックモリオン牝3 0- 0- 1- 4(栗)池添学ルーラーシップサンデー3000
ベスビアナイト牡2 0- 0- 0- 0(未)ルーラーシップサンデー5000

171 ドナウブルーの18 モーリス メス 5,000 高野 友和 ノーザンファーム 母は重賞2勝、ヴィクトリアマイル2着。半兄イシュトヴァーン4勝

イシュトヴァーン牡4 4- 3- 1- 2(栗)石坂正ルーラーシップサンデー6000
ドナウデルタ牝3 1- 1- 1- 3(栗)石坂正ロードカナロアサンデー3600
ダーヌビウス牝2 0- 0- 0- 0(栗)石坂正キングカメハメハサンデー5000

172 ジェンティルドンナの18 モーリス メス 7,000 石坂 正 ノーザンファーム 母はJRA牝馬歴代最高獲得賞金、顕彰馬

モアナアネラ牝3 1- 0- 1- 3(栗)石坂正キングカメハメハサンデー8000

173 ヴェルザンディの18 エピファネイア メス 2,400 高橋 義忠 ノーザンファーム 母はディープインパクトの半妹

ママアルパ牝8 0- 0- 0- 3(美)尾関知人タニノギムレットサンデー1400
ウルド牝6 0- 0- 0- 4(栗)中内田充ハービンジャー社台OW1800
ノルナゲスト牡5 0- 0- 1- 7(栗)矢作芳人ハービンジャーサンデー3200
ヴェルスパー牝4 2- 3- 2- 3(美)加藤征弘ロードカナロアサンデー2400
ドラウプニル牡3 1- 1- 2- 2(栗)斉藤崇史ルーラーシップ社台OW3000
ヒシエレガンス牡2 0- 0- 0- 0(美)堀宣行ハービンジャーセレクト4968

174 ダークサファイアの18 キズナ 牡 2,800 高柳 大輔 ノーザンファーム 叔父に種牡馬サウスヴィグラス。母の産駒は堅実駆けタイプ

アウトオブオーダー牡13 2- 1- 2-18(美)宗像義忠サクラバクシンオーセレクト1470
アンドラダイト牡11 0- 0- 0- 1[地]広森久雄ワイルドラッシュサンデー1000
スタープラチナ牝10 0- 1- 0- 8(美)小島茂之ゴールドアリュールセレクト998
ローガンサファイア牝9 4- 2- 1-19(栗)佐々木晶ダイワメジャーキャロット1600
ゴールドスーク牡8 4- 4- 4-16(栗)小崎憲ゴールドアリュールサンデー2000
サフィロス牡7 2- 2- 0-13(美)手塚貴久キンシャサノキセキキャロット2000
コーディエライト牝4 1- 2- 1- 9(栗)佐々木晶ダイワメジャージーワン2000
ブルスクーロ牡3 1- 1- 2- 4(栗)池添学キンシャサノキセキサンデー2800
ミーアシャム牝2 0- 0- 0- 0(栗)池添学キンシャサノキセキサンデー2000

175 サブトゥエンティの18 スクリーンヒーロー 牡 3,200 佐々木 晶三 ノーザンファーム 初仔。母は2勝。祖母はクイーンC勝ちのライラプス

初仔

176 ラテアートの18 ブラックタイド 牡 2,800 梅田 智之 ノーザンファーム 母はクリスマスローズS勝ち含む2勝

レイヤーハート牝4 0- 0- 0- 5(美)金成貴史ダイワメジャーサンデー1800
トランスアクスル牡3 0- 0- 0- 2(美)中川公成キンシャサノキセキサンデー2400
カヴァス牡2 0- 0- 0- 0(栗)平田修カレンブラックヒルサンデー2000

177 ギーニョの18 ノヴェリスト メス 1,600 上村 洋行 ノーザンファーム 母は2勝。祖母は名牝フェアリードール

ロンギングエース牡9 3- 3- 4-20(美)勢司和浩シンボリクリスエスセレクト1890
アルピニスト牡8 0- 0- 1- 7(美)藤原辰雄シンボリクリスエスセレクト5250
スワーヴジョージ牡7 3- 1- 1- 4(栗)庄野靖志ハービンジャーセレクト6930
ダノンサンシャイン牡6 1- 2- 0-10(栗)藤原英昭ハービンジャーセレクト8208
トーセンブレイヴ牡4 1- 0- 2- 8(栗)池江泰寿キングカメハメハセレクト16740
サトノワールド牡2 0- 0- 0- 0(美)国枝栄キングカメハメハセレクト9720

178 デュアルストーリーの18 ミッキーアイル 牡 2,000 安田 隆行 ノーザンファーム 母は1200mで4勝。半兄デュアルスウォードは中央5勝、地方4勝

デュアルサクセス牡12 1- 2- 7-25(美)手塚貴久ダンスインザダーク社台OW3000
デュアルスウォード牡11 5- 3- 1-21(美)手塚貴久デュランダルサンデー3200
シェアードワールド牡9 0- 3- 1- 7(美)手塚貴久ゼンノロブロイサンデー3200
デュアルインパクト牡8 0- 1- 1- 4(美)手塚貴久ディープインパクトサンデー5000
デュアルメジャーセ7 1- 2- 0-14(美)黒岩陽一ダイワメジャーサンデー3200
ウィズリーガーデン牝6 0- 0- 0- 5(美)池上昌和ダイワメジャー・・・
ホットセット牡5 1- 1- 0- 0(美)手塚貴久マンハッタンカフェサンデー3200
デターミネーション牡3 1- 1- 1- 0(栗)小崎憲ゴールドアリュールサンデー2400
ブラックトマホーク牡2 0- 0- 0- 0(美)高木登カレンブラックヒル社台OW1800

179 グルーヴァーの18 ディープブリランテ 牡 2,400 矢作 芳人 ノーザンファーム 初仔。曾祖母エアグルーヴ

初仔

180 リビングプルーフの18 トーセンジョーダン メス 1,400 羽月 友彦 ノーザンファーム 母は3勝。半姉テトラドラクマはクイーンC勝ち

プリンセスラグーン牝5 0- 0- 0- 4(美)新開幸一タートルボウル社台OW1200
テトラドラクマ牝4 2- 1- 0- 6(美)小西一男ルーラーシップ社台OW1400
セプタリアン牡3 2- 1- 0- 2(栗)池添学キングヘイロー社台OW1600
レインカルナティオ牡2 0- 0- 0- 0(美)小西一男ルーラーシップサンデー4000

181 キナウの18 タートルボウル メス 1,000 角田 晃一 ノーザンファーム 初仔。母は南関東3勝

初仔

182 ウェイヴェルアベニューの18 Frankel* 牡 12,000 中内田 充正 ノーザンファーム 初仔。母は北米7勝、BCスプリント勝ち

初仔
*Frankelは14戦14勝、G1を10勝のイギリスが生んだ最強馬。種牡馬としてもCracksman、Anapurna、日本でソウルスターリング、モズアスコットらを輩出。今年の種付料は175,000ポンド(約2400万円)の設定。日本で出走したFrankel産駒はこれまで26頭で13頭が勝ち上がり。前述のソウルスターリング(オークスなど重賞3勝)、モズアスコット(安田記念)に加え、ミスエルテ(ファンタジーS)と3頭の重賞勝馬を輩出しており、日本の芝コース適正は優秀。

183 フォエヴァーダーリングの18 Frankel* メス 7,000 須貝 尚介 ノーザンファーム 初仔。母は北米2勝、サンタイネスS勝ち

初仔
*Frankelについては上記182に記載。

184 プレシャライジングの18 Speightstown* メス 2,000 牧田 和弥 ノーザンファーム 伯母に歴史的名牝の米年度代表馬ゼニヤッタ

米国産の全姉(現2歳)はニューワールドレーシングにて5000万円で募集。
*Speightstownは米G1ブリーダーズCスプリントの勝馬。今年21歳と既に高齢だが、種付料は80,000ドル(約900万円)をキープしている。これまでJRAで出走した23頭の内、18頭が勝ち上がりと、日本との相性の良さは驚異的。マテラスカイ(プロキオンS)、モズスーパーフレア(オーシャンC)、ドスライス(盛岡クラスターC)、リエノテソーロ(全日本2歳優駿、他)などが活躍。