現2歳世代リーディング・新種牡馬成績速報【2019/6/10更新】

2歳戦は2週目を消化、東京・阪神を舞台に新馬戦4鞍が行われた。勝利を挙げた種牡馬はハーツクライ・キズナ・ダイワメジャー・Shamardal、で、ハーツクライは先週に続きJRAの2歳戦2勝目。

ランキングの方は、地方6勝のパイロが引き続きサイアーランキングトップ。ハーツクライ、ダイワメジャーが追う展開となっている。

新種牡馬は、上述の通り、キズナ産駒ルーチェデラヴィタが勝利、これがJRAで勝った新種牡馬第一号で、幸先のいいスタートとなった。

スポンサーリンク

現2歳世代リーディングサイアーランキング(JBISデータ:JRA+地方)

※左から現2歳世代、現3歳世代のランキング順位。3歳世代=新となっているのは2歳世代が初年度となる新種牡馬

2歳世代3歳世代種牡馬名代表産駒
1(16)パイロ(USA)ヒイロメープル
2(7)ハーツクライワーケア
3(3)ダイワメジャーグランチェイサー
4トゥザワールドチョウライリン
5キズナルーチェデラヴィタ
6(39)タートルボウル(IRE)タイセイビジョン
7(87)スターリングローズアイフェニックス
8(74)ゴールドヘイローカイトレッド
9(1)ディープインパクトリアアメリア
9(12)オルフェーヴルモーベット
9Shamardal(USA)トリプルエース(IRE)
12(82)トランセンドゴールドホイヤー
13(35)ストロングリターンジョーサプルパワー
14(28)ベルシャザールグランコージー
15(133)スズカコーズウェイプリモジョーカー
16マジェスティックウォリアー(USA)カミノアカネ
17エピファネイアレッドブロンクス
18(2)ロードカナロアタイムマシン
19(10)キンシャサノキセキ(AUS)ミーアシャム
20(29)エスポワールシチーヴァケーション

TOP50はこちら

週末の2歳戦(JRA)勝ち馬プロフィール

馬名レース名種牡馬生産者コース
ワーケア新馬ハーツクライノーザンファーム東京芝1800
ルーチェデラヴィタ新馬キズナ広富牧場阪神芝1600
グランチェイサー新馬ダイワメジャー村上欽哉東京芝1400
トリプルエース新馬ShamardalGodolphin阪神芝1200

新種牡馬産駒データ(JRA)

種牡馬平均勝利距離1着-2着-3着-他/全勝率連対率
キズナ1600m(芝1) 1- 1- 0- 2/ 425%50%
エピファネイア未勝利 0- 1- 1- 0/ 20%50%
リアルインパクト未勝利 0- 1- 0- 1/ 20%50%
グランデッツァ未勝利 0- 1- 0- 0/ 10%100%
トゥザワールド未勝利 0- 0- 0- 2/ 20%0%
カレンブラックヒル未勝利 0- 0- 0- 2/ 20%0%
ワールドエース未勝利 0- 0- 0- 1/ 10%0%
フェノーメノ未勝利 0- 0- 0- 1/ 10%0%
ゴールドシップ未勝利 0- 0- 0- 1/ 10%0%