現2歳世代リーディング・新種牡馬成績速報【2019/6/17更新】

中央2歳戦は3週目に突入、除外続出のアクシデントはあったが東京・阪神・函館を舞台に新馬戦7鞍、未勝利戦2鞍が組まれた。勝利を挙げた種牡馬はキズナ・リアルインパクト・サウスヴィグラス・ワールドエース・ディープブリランテ・マツリダゴッホ・タートルボウル・ゴールドアリュール・キングカメハメハだった。

中央・地方合計の2歳世代サイアーランキングは、地方6勝のパイロが引き続きトップで、これを新種牡馬キズナ他が追う恰好に。

ディープインパクト後継のキズナはこの週1勝を追加し、既に2勝目。まだ始まったばかりだが、下表のとおり勝率・連対率は抜群といえる水準を示しており、要注目の存在。他にワールドエース・リアルインパクトも早々に勝ち上がりを果たしており、内容的にはリアルインパクトも優秀。

スポンサーリンク

現2歳世代リーディングサイアーランキング(JBISデータ:JRA+地方)

※左から現2歳世代、現3歳世代のランキング順位。3歳世代=新となっているのは2歳世代が初年度となる新種牡馬

2歳世代3歳世代種牡馬名代表産駒
1(16)パイロ(USA)ヒイロメープル
2キズナレジェーロ
3(7)ハーツクライワーケア
4(39)タートルボウル(IRE)タイセイビジョン
5(3)ダイワメジャーグランチェイサー
6リアルインパクトトライフォーリアル
7(14)サウスヴィグラス(USA)ジェネティクス
8(17)クロフネ(USA)ブンロート
9ワールドエースオータムレッド
10トゥザワールドチョウライリン
11(87)スターリングローズアイフェニックス
12(36)ストロングリターンジョーサプルパワー
13(134)スズカコーズウェイプリモジョーカー
14(56)マツリダゴッホブルーパピヨン
15(30)エスポワールシチーヴァケーション
16(75)ゴールドヘイローカイトレッド
17(32)スマートファルコンロードファビュラス
18(28)ベルシャザールエキサイター
19(9)キンシャサノキセキ(AUS)ノーブルライガー
20(83)トランセンドゴールドホイヤー

TOP50はこちら

週末の2歳戦(JRA)勝ち馬プロフィール

馬名レース名種牡馬生産者コース
オータムレッド新馬ワールドエースノーザンファーム函館芝1200
トライフォーリアル新馬リアルインパクトノーザンファーム東京芝1400
サクセッション新馬キングカメハメハノーザンファーム東京芝1600
エールヴィオレ新馬タートルボウル社台ファーム阪神芝1600
ヴィンカマヨール新馬ゴールドアリュールノーザンファーム東京ダ1400
ブルーパピヨン新馬マツリダゴッホ二風谷ファーム函館芝1000
ジェネティクス新馬サウスヴィグラス村上牧場阪神ダ1200
ミャゴラーレ未勝利ディープブリランテ杵臼牧場東京芝1400
レジェーロ未勝利キズナ新冠橋本牧場阪神芝1400

新種牡馬産駒データ(JRA)

種牡馬平均勝利距離1着-2着-3着-他/全勝率連対率
キズナ1500m(芝2) 2- 2- 0- 5/ 922%44%
リアルインパクト1400m(芝1) 1- 1- 1- 2/ 520%40%
ワールドエース1200m(芝1) 1- 0- 0- 3/ 425%25%
エピファネイア未勝利 0- 1- 1- 2/ 40%25%
カレンブラックヒル未勝利 0- 1- 0- 5/ 60%17%
グランデッツァ未勝利 0- 1- 0- 0/ 10%100%
エスケンデレヤ未勝利 0- 0- 1- 4/ 50%0%
トゥザワールド未勝利 0- 0- 0- 2/ 20%0%
スピルバーグ未勝利 0- 0- 0- 3/ 30%0%
フェノーメノ未勝利 0- 0- 0- 1/ 10%0%
ゴールドシップ未勝利 0- 0- 0- 1/ 10%0%