新潟2歳S・GⅢ レース結果と勝ち馬プロフィール

2019/8/25(日)
新潟11R 第39回新潟2歳S
2歳 馬齢 芝1600m・外
馬場状態:良
1着本賞金 3100万円

出走馬 16頭

馬番馬名性齢騎手斤量調教師人気単オッズ
1 エレナアヴァンティ牝2内田博幸54 宗像義忠5 19.2
2 クリアサウンド牝2松山弘平54 杉山晴紀7 26.7
3 グランチェイサー牡2田辺裕信54 矢野英一10 42.9
4 セツメンノトビウオ牡2北村宏司54 牧田和弥14 162.4
5 トライフォーリアル牡2丸山元気54 萩原清9 37.4
6 ウーマンズハート牝2藤岡康太54 西浦勝一1 2.1
7 ビッククインバイオ牝2大野拓弥54 牧光二8 31.6
8 トロワマルス牝2木幡初也54 杉浦宏昭13 143.6
9 タイムマシン牡2石橋脩54 手塚貴久4 17.7
10 グライユル牝2横山典弘54 鹿戸雄一15 211.4
11 モーベット牝2福永祐一54 藤沢和雄2 4.3
12 ウインカーネリアン牡2松岡正海54 鹿戸雄一6 24.9
13 ペールエール牡2M.デム54 安田隆行3 5.6
14 カイアワセ牝2川又賢治54 星野忍16 350.7
15 シコウ牡2木幡巧也54 牧光二12 96.1
16 サナチャン牝2武士沢友54 武藤善則11 59.5

レース結果

着順馬番馬名タイム決め手種牡馬生産者
1(6)ウーマンズハート1.35.0差しハーツクライダーレー・ジャパン・ファーム
2(13)ペールエール1.35.1先行ダイワメジャーノーザンファーム
3(7)ビッククインバイオ1.35.4先行キングズベストノーザンファーム

LAP:12.5-11.1-12.5-13.0-12.3-11.0-11.0-11.6
上がり:4F 45.9 3F 33.6

※レース結果については主催者発表のものと必ず照合ください

スポンサーリンク

ウーマンズハート:重賞初勝利

ハーツクライ
(2001)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
アイリッシュダンス┌トニービン(Kampala)
└ビューパーダンス(Lyphard)
レディオブパーシャ(2008)Shamardal┌Giant's Causeway(Storm Cat)
└Helsinki(Machiavellian)
ビールジャント┌Green Desert (Danzig)
└Belle Geius(Beau Genius)

通算成績:2戦2勝
これまでの主な戦績:新馬・牝1着(新潟芝1600)

父:ハーツクライ

ハーツクライは2001年生まれ。通算19戦5勝、GⅠ2勝(有馬記念、ドバイシーマクラシック)。代表産駒にワンアンドオンリー(ダービー)、シュヴァルグラン(ジャパンC)、ジャスタウェイ(天皇賞秋、などGⅠ3勝)など。2018年のリーディングサイアーランキング第3位。2019年の重賞は5勝目。

馬名性齢レース名G場所距離母父馬
ウーマンズハート牝219新潟2歳SG3新潟芝1600Shamardal
マイスタイル牡519函館記念HG3函館芝2000フォーティナイナー
リスグラシュー牝519宝塚記念G1阪神芝2200American Post
ノーワン牝319フィリーズRG2阪神芝1400Caerleon
ラーゴブルー牝519マリーンCJ3船橋ダ1600キングカメハメハ
2019:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

16 ディープインパクト
7 ステイゴールド
6 キングカメハメハ, ルーラーシップ, ロードカナロア
5 ハーツクライ, マンハッタンカフェ
4 ハービンジャー
3 ゴールドアリュール, シニスターミニスター
2 ヴィクトワールピサ, キングヘイロー, キンシャサノキセキ, クロフネ,ケイムホーム, ゼンノロブロイ, ヘニーヒューズ, メイショウサムソン
1 アイルハヴアナザー, アドマイヤオーラ, ヴァーミリアン, エンパイアメーカー, オルフェーヴル, カネヒキリ, キズナ, ケープブランコ, サクラオリオン, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, スウェプトオーヴァーボード, ストリートセンス, スパイキュール, ダイワメジャー, タートルボウル, ダノンシャンティ, トーセンホマレボシ, ノヴェリスト, パイロ, バゴ, バトルプラン, ロージズインメイ, Fastnet Rock, Le Havre, Raven’s Pass, Scat Daddy, Speightstown, Spring At Last

母:レディオブパーシャ

レディオブパーシャは持ち込み馬として日本で走り2勝(ダ1200、芝1200)。一つ下の半弟サドンストーム(父ストーミングホーム)は4勝で京王杯2歳S2着などと活躍、二つ下の半弟ティーハーフ(父ストーミングホーム)は函館スプリントSの勝馬。

ウーマンズハートは2番仔。初仔の半兄デザートホーム(父ストーミングホーム)は3勝現役。1歳・当歳には産駒がいない模様。

2019:出生順重賞勝ち数

初仔 12
2番仔 23
3番仔 11
4番仔 18
5番仔 11
6番仔 9
7番仔 8
8番仔 4
9番仔 6
10番仔 2
12番仔 2

2019:価格帯別重賞勝ち数(取引価格、募集価格)※1US$=110円で換算

1億円~ 5
5000万~9999万 17
3000万~4999万 11
2000万~2999万 18
1000万~1999万 7
~999万 4
不明 44

2019:母馬の競走成績別重賞勝ち数(国内の勝利数はJRA分をカウント)

GⅠ勝ち 10
重賞勝ち 10
4勝以上 17
3勝 20
2勝 11
1勝 13
未勝利・未出走 25

母父:Shamardal

Shamardalは2002年米国産。英・仏・UAEで走り7戦6勝、唯一の敗戦はダート戦 (UAEダービー)でのもの。仏2000ギニー、仏ダービー、英セントジェームズパレスSなどG1を4勝。Lope de Vega(仏二冠)らを輩出し種牡馬として成功。最近はロイヤルアスコットでG1連勝を果たしたBlue Pointが鮮烈な印象を残した他、現2歳でともに4戦無敗のEarthlight(仏モルニ賞)、Pinatubo(英ヴィンテージS)、は将来を嘱望される存在。母父としてもPretty Pollyanna(仏モルニ賞)、Latrobe(愛ダービー)などが出ており存在感を高めている。

2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

9 サンデーサイレンス
5 キングカメハメハ
4 , クロフネ, サクラバクシンオー, スペシャルウィーク, Storm Cat
2 アグネスタキオン, アドマイヤコジーン, エルコンドルパサー, コロナドズクエスト, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, ダンスインザダーク, ディープインパクト, デュランダル, ハードスパン, フジキセキ, フレンチデピュティ, ホワイトマズル, マンハッタンカフェ, Alzao, Dansili, Deputy Minister, Intikhab, Northern Afleet, Singspiel, Tapit,
1 アジュディケーティング, アラムシャー, ウォーエンブレム, コマンダーインチーフ, ゴールドアリュール, ゴールドヘイロー, サクラプレジデント, タイキシャトル, スウェプトオーヴァーボード, ステイゴールド, ハーツクライ, フォーティナイナー, ボストンハーバー, マイネルラヴ, マリエンバード, ロックオブジブラルタル, ワイルドラッシュ, American Post, Belong to Me, Caerleon, Dalakhani, Essence of Dubai, Gilded Time, Green Tune, Halling, Kendargent, Lemon Drop Kid, Librettist, Lion Heart, Medicean, Mtoto, Not For Sale, Shamardal, Souvenir Copy

生産:ダーレー・ジャパン・ファーム

ダーレー・ジャパン・ファームは2019年の重賞3勝目。

馬名性齢レース名G場所距離種牡馬
ウーマンズハート牝219新潟2歳SG3新潟芝1600ハーツクライ
タワーオブロンドン牡419京王杯SCG2東京芝1400Raven’s Pass
ファッショニスタ牝519スパーキングLCJ3川崎ダ1600ストリートセンス
2019:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

41 ノーザンファーム
6 社台ファーム
4 ケイアイファーム, 三嶋牧場
3 岡田スタッド, コスモヴューファーム, ダーレー・ジャパン・ファーム, フジワラフアーム
2 飛野牧場, 服部牧場, 廣田伉助, 山下恭茂
1 磯野牧場, 猪野毛牧場, 浦河土肥牧場, 追分ファーム, 片岡博, 金成吉田牧場, 高昭牧場, 下屋敷牧場, 社台コーポレーション白老ファーム, スカイビーチステーブル, 須崎牧場, 谷岡スタット, タニグチ牧場, タバタファーム, 千代田牧場, 築紫洋, 辻牧場, 対馬正, 土居牧場, 日進牧場, ノースヒルズ, 林孝輝, 広中稔, ベルモントファーム, 横井哲, 吉田ファーム, レイクヴィラファーム

他に外国産馬が 4勝 (米3、豪1)

今年の重賞勝馬一覧はこちら