エーデルワイス賞・JPNⅢ レース結果と勝ち馬プロフィール

2019/10/10(木)
門別11R 第22回エーデルワイス賞
2歳・牝 定量 ダ1200m
馬場状態:重
1着本賞金 2000万円

出走馬 15頭

馬番馬名性齢斤量所属騎手単オッズ
1デビルスダンサー牝 254JRA藤田菜10.3
2スマイルエルフ牝 254北海道岩橋勇194.8
3マナモクプニ牝 254北海道阪野学358.6
4プリモジョーカー牝 254北海道阿部龍3.1
5ニシノミンクス牝 254JRA内田博6.3
6グローリアスレゴン牝 254北海道落合玄26.5
7クモキリ牝 254北海道石川倭59.4
8アザワク牝 254北海道桑村真3.6
9ミリミリ牝 254北海道小野楓192.5
10ウィーンソナタ牝 254JRA田邊裕6.2
11ミホスローロリス牝 254北海道亀井洋147.1
12キラットダイヤ牝 254JRA戸崎圭10.1
13 レインズパワー牝 254北海道宮崎光52.1
14 コーラルツッキー牝 254北海道服部茂26.3
15 ミナトノヨーコ牝 254北海道五十冬88.7

レース結果

着順馬番馬名タイム種牡馬生産者
1 (14)コーラルツッキー1.12.3シニスターミニスター豊洋牧場
2 (8)アザワク1.12.4カレンブラックヒル村上雅規
3 (15)ミナトノヨーコ1.12.5ミナトノヨーコ大道牧場

上がり:4F 50.0 3F 38.4

※レース結果については主催者発表のものと必ず照合ください

スポンサーリンク

コーラルツッキー:重賞初勝利

シニスターミニスター(2003)Old Trieste┌A.P. Indy(Seattle Slew)
└Lovlier Linda(Vigors)
Sweet Minister┌The Prime Minister(Deputy Minister)
└Sweet Blue(Hurry Up Blue)
コーラルヴュー
(2008)
キングヘイロー┌ダンシングブレーヴ(Lyphard)
└グッバイヘイロー(Halo)
ホウヨウマリン┌アレミロード(Tom Rolfe)
└ベジンスキー(Nijinsky)

通算成績:7戦4勝(地方)
これまでの主な戦績:
・2歳牝馬オープン 1着(門別ダ1000)

父:シニスターミニスター

シニスターミニスターは2003年米国産。通算13戦2勝、G1を1勝(米Bluegrass S・ダ9f)。代表産駒にインカンテーション(武蔵野Sなど重賞6勝)、ハヤブサマカオー(兵庫ジュニアGP)、マイネルバサラ(浦和記念)など。2018年のリーディングサイアーランキング23位。2019年の重賞4勝目。

馬名性齢レース名G場所距離母父馬
コーラルツッキー牝219エーデルワイス賞J3門別ダ1200キングヘイロー
ヤマニンアンプリメ牝519クラスターCJ3盛岡ダ1200サンデーサイレンス
ヤマニンアンプリメ牝519北海道SCJ3門別ダ1200サンデーサイレンス
ゴールドクイーン牝419かきつばた記念HJ3名古ダ1400タイキシャトル
2019:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

18 ディープインパクト
8 ステイゴールド、ルーラーシップ、ロードカナロア
7 キングカメハメハ, ハーツクライ
5 ハービンジャー, マンハッタンカフェ 
4 ゴールドアリュール, シニスターミニスター
3 ゼンノロブロイ, Raven’s Pass
2 ヴァーミリアン, ヴィクトワールピサ, キングヘイロー, キンシャサノキセキ, クロフネ,ケイムホーム, タートルボウル, ヘニーヒューズ, メイショウサムソン, Spring At Last
1 アイルハヴアナザー, アドマイヤオーラ, エンパイアメーカー, オルフェーヴル, カネヒキリ, キズナ, ケープブランコ, ゴールドシップ, サクラオリオン, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, スウェプトオーヴァーボード, スクリーンヒーロー, ストリートセンス, スパイキュール, ダイワメジャー, ダノンシャンティ, トーセンホマレボシ, ノヴェリスト, パイロ, バゴ, バトルプラン, ロージズインメイ, Fastnet Rock, Le Havre, Scat Daddy, Speightstown

母:コーラルビュー

コーラルヴューはJRA2勝。一族に目立った実績馬は見当たらないようだ。

コーラルツッキーは2番仔。初仔の半姉サノシスターはJRA未勝利。3番仔の1歳はスクリーンヒーローの牝(北海道サマーセール378万円)、当歳はゴールドシップの牡駒。

2019:出生順重賞勝ち数

初仔 15
2番仔 29
3番仔 13
4番仔 20
5番仔 13
6番仔 12
7番仔 9
8番仔 4
9番仔 7
10番仔 2
11番仔 1
12番仔 2

2019:価格帯別重賞勝ち数(取引価格、募集価格)※1US$=110円で換算

1億円~ 6
5000万~9999万 23
3000万~4999万 12
2000万~2999万 20
1000万~1999万 10
~999万 5
不明 51

2019:母馬の競走成績別重賞勝ち数(国内の勝利数はJRA分をカウント)

GⅠ勝ち 14
重賞勝ち 12
4勝以上 19
3勝 23
2勝 14
1勝 17
未勝利・未出走 28

母父:キングヘイロー

キングヘイローは1995年生まれ。通算27戦6勝、GⅠ1勝(高松宮記念)。母はケンタッキーオークスなど、米G1を7勝したグッバイヘイロー。代表産駒に、カワカミプリンセス(オークス、秋華賞)、ローレルゲレイロ(スプリンターズS、高松宮記念)、メーデイア(JBCレディスC)など。母父としては2017年のニュージーランドTを勝ったジョーストリクトリ(父ジョーカプチーノ)、同年のプロキオンSを制したキングスガード(父シニスターミニスター)らを輩出している。 母父としての2019年の重賞勝ちは初。

2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

10 サンデーサイレンス
7 キングカメハメハ
6 クロフネ
5 サクラバクシンオー, スペシャルウィーク, Storm Cat
3 エルコンドルパサー, ダンスインザダーク, Dalakhani
2
アグネスタキオン, アドマイヤコジーン, コロナドズクエスト, ゴールドヘイロー, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, ディープインパクト, デュランダル, ハーツクライ, ハードスパン, フジキセキ, フレンチデピュティ, ホワイトマズル, マンハッタンカフェ, Alzao, Dansili, Deputy Minister, Intikhab, Mtoto, Northern Afleet, Not For Sale, Singspiel, Tapit,
1 アジュディケーティング, アラムシャー, アンバーシャダイ, ウォーエンブレム, キングヘイロー, コマンダーインチーフ, ゴールドアリュール, サクラプレジデント, タイキシャトル, スウェプトオーヴァーボード, ステイゴールド, フォーティナイナー, ボストンハーバー, マイネルラヴ, マリエンバード, ロックオブジブラルタル, ロージズインメイ, ワイルドラッシュ, American Post, Belong to Me, Caerleon, Essence of Dubai, Gilded Time, Green Tune, Halling, Kendargent, Kingmambo, Lemon Drop Kid, Librettist, Lion Heart, Lomitas, Medicean, Shamardal, Souvenir Copy

生産:豊洋牧場

豊洋牧場の近年の生産馬には、2018サウジアラビアRC2着のドゴール、2012北九州記念2着のシゲルスダチなどがいる。過去にはホウヨウボーイで有馬記念、天皇賞・秋を制覇、他にダブルハピネス(武蔵野S)、バリエンテー(京王杯AH)などが活躍。

2019:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

50 ノーザンファーム
8 社台ファーム
5 ケイアイファーム, ダーレー・ジャパン・ファーム, 三嶋牧場
3 岡田スタッド, コスモヴューファーム, 服部牧場, フジワラフアーム
2 飛野牧場, 廣田伉助, 山下恭茂
1 磯野牧場, 猪野毛牧場, 浦河土肥牧場, 追分ファーム, 片岡博, 杵臼牧場, 金成吉田牧場, 高昭牧場, 下屋敷牧場, 社台コーポレーション白老ファーム, 城地清満, スカイビーチステーブル, 須崎牧場, 谷岡スタット, タニグチ牧場, タバタファーム, 千代田牧場, 築紫洋, 辻牧場, 対馬正, 土居牧場, 日進牧場, ノースヒルズ, 林孝輝, 広中稔, ベルモントファーム, 豊洋牧場, 横井哲, 吉田ファーム, ビッグレッドファーム, レイクヴィラファーム

他に外国産馬が 5勝 (米4、豪1)

今年の重賞勝馬一覧はこちら