6/25(日)第58回 宝塚記念(G1) 1着・サトノクラウン

3歳上 定量 阪神芝2200
1着賞金1億5000万円(付加賞231万円)

5歳牡馬
父:Marju
母:ジョコンダⅡ
母父:Rossini
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:堀宣行(美浦)
騎手:M.デムーロ
市場取引:2013年セレクトセール 6090万円

人気のキタサンブラックをレース途中につつきに行く陽動作戦を敢行(武豊が左後方を振り返る)しながらも、しっかりと脚を溜めていたサトノクラウンが得意の重い馬場も味方し見事に優勝。

 1着:2017宝塚記念(G1) 阪神芝2200
 1着:2016香港ヴァーズ(G1) HKG芝2400
 1着:2017京都記念(G2) 京都芝2200
 1着:2016京都記念(G2) 京都芝2200
 1着:2015弥生賞(G2) 中山芝2000
 1着:2014東スポ杯2歳S(G3) 東京芝1800

父:Marjuはラストタイクーン産駒で1991年のG1-セントジェイムズパレスS(GB芝8.0F)の勝ち馬で、同年のG1-英ダービー2着。本馬以外の主な産駒は以下の通り(ちなみに以下の4頭は全て牝馬)。

 Sil Sila(母・Porto Alegre、母父・Habitat)
 1着:1996フランスオークス(G1) FR芝2100
 Bethrah(母・レーヴディマン、母父・Highest Honor)
 1着:2010アイリッシュ1000ギニー(G1) IRE芝8.0F
 My Emma(母・Pato、母父・High Top)
 1着:1996ヴェルメイユ賞(G1) FR芝2400
 1着:1997ヨークシャーオークス(G1) GB芝11.9F
 Soviet Song(母・Kalinka、母父・ソヴィエトスター)
 1着:2004サセックスS(G1) GB芝8.0F
 1着:2002フィリーズマイル(G1) GB芝8.0F
 1着:2005ファルマスS(G1) GB芝8.0F
 1着:2004愛メイトロンS(G1) IRE芝8.0F
 1着:2004ファルマスS(G1) GB芝8.0F

牝系:全姉Lightening Pearlは2011年のG1-チェヴァリーパークステークス、同年のG3-ラウンドタワーステークスの勝ち馬。3代母Lustの半姉My Emmaは上記の通り、1996年のG1-ヴェルメイユ賞、1997年のG1-ヨークシャーオークスの勝ち馬。3代母の半兄Classic Clicheは1996年のG1-アスコットゴールドカップ、1995年のG1-セントレジャーステークスの勝ち馬。

母父:RossiniはMiswaki産駒でフランスとアイルランドで2歳重賞を2勝。BMSとして輩出した主な産駒は本馬と全姉のLightening Pearl。

クロス:Northern Dancer:S4×M5、Mr. Prospector:M4×M5、Buckpasser:S5×M5、Sir Ivor:M5×M5

生産牧場:ノーザンファームは宝塚記念3連覇(2015年ラブリーデイ、2016年マリアライト、2017年サトノクラウン)。今年の中央重賞27勝目で、G1は7勝目(ゴールドドリーム、アルアイン、アエロリット、アドマイヤリード、レイデオロ、サトノアラジン、サトノクラウン)。ちなみに昨年の宝塚記念終了時の中央重賞勝利数は28勝、G1は4勝(メジャーエンブレム、シンハライト、マカヒキ、マリアライト)。