日曜の新馬戦展望・7/2(日)・福島6R・坂路好タイムのアポロキングダム産駒に注目だが混戦模様

坂路好タイムのアポロキングダム産駒が人気になりそうだが、他馬にもつけいる隙は十分ありそうで、アドマイヤマックス産駒、プリサイスエンド産駒なども差がなさそう。

1・マイネルニュース 牡2
父・アドマイヤマックス、母・スクリーマー、母父・エンドスウィープ
生産者・ビッグレッドファーム、(美)伊藤大士、柴田大知

・2週連続、南Wで追われる。最終追いは馬ナリでまずまずの時計。母は白老ファームの生産馬で30戦3勝。本馬は6番仔。母の半兄ワンモアチャッターは2005年のG3-朝日チャレンジCの勝ち馬。母の半弟スマートギアは2012年のG3-中日新聞杯の勝ち馬。

2・カシノベスト 牝2
父・キンシャサノキセキ、母・ユーピロンユー、母父・エアエミネム
生産者・三宅牧場、(美)二本柳俊、二本柳壮

・2017年の北海道トレーニングセールにて496.8万円で落札。2週連続、南Wで追われ、まずまずの時計。母は40戦2勝。本馬は2番仔。

3・サクライザベル 牝2
父・プリサイスエンド、母・サクセスイザベラ、母父・サクラバクシンオー
生産者・伏木田牧場、(美)伊藤正徳、江田照男

・先週の坂路、今週の南Wともに併走馬を追走する形から1秒以上、先着。好仕上がりなのが見てとれる。母は5戦0勝。本馬は5番仔。母の半姉サクセスビューティは2002年のG2-フィリーズレビューの勝ち馬で、ダートG1を3勝(フェブラリーS、ジャパンダートダービー、東京大賞典)したサクセスブロッケンを輩出。

4・ソイルトゥザソウル 牡2
父・ローレルゲレイロ、母・ローレルディライト、母父・Singspiel
生産者・村田牧場、(美)高市圭二、田中勝春

・2016年の北海道サマーセールにて162万円で落札。2週連続、南Wでの追い切りだが時計的には1週前のほうが良い。最終追いは併走馬に1秒以上、先行していたが最後、遅れてしまう。母は3戦0勝。本馬は7番仔。祖母の半姉Bayaは仏G3の勝ち馬で、孫としてダートG1を6勝(全日本2歳優駿、ジャパンダートダービー、帝王賞2勝、川崎記念、かしわ記念)したフリオーソを輩出。

5・パッセ 牝2
父・パイロ、母・パドブレ、母父・ホワイトマズル
生産者・ミルファーム、(美)蛯名利弘、岩部純二

・1週前は南W、最終追いは南Pにて追われる。ともにまずまずの動き。母は18戦2勝。本馬は3番仔。

6・ツインクルテソーロ 牡2
父・トーセンホマレボシ、母・アンプレヴー、母父・トワイニング
生産者・ノーザンファーム、(美)池上昌和、田辺裕信

・2016年のセレクトセールにて2808万円で落札。2週連続、南Wで5Fから追われるが、ともに3F40秒台でラスト1F12秒台未計時。この時計では微妙な評価になる。母は13戦1勝。本馬は3番仔。母の半姉ブルーメンブラットは2008年のG1-マイルチャンピオンシップの勝ち馬。

7・サクラノハナビラ 牝2
父・ディープブリランテ、母・スイートブレナム、母父・フレンチデピュティ
生産者・シンボリ牧場、(美)浅野洋一、津村明秀

6/28(水)半マイル55.8-41.0-27.2-13.9。ラップタイム14.8-13.8-13.3-13.9。
6/22(木)半マイル55.3-40.3-26.8-13.4。ラップタイム15.0-13.5-13.4-13.4。

・2016年の北海道サマーセールにて108万円で落札。坂路で2週追われているが、1F12秒台が無く、タイム面、内容面で物足りない印象。母は22戦3勝。本馬は3番仔。祖母の全姉クロカミは1997年のG3-京王杯オータムH、同年のG3-府中牝馬Sの勝ち馬。

8・モテモテホマックス 牡2
父・アドマイヤマックス、母・ローランウィスパー、母父・Wolfhound
生産者・村下農場、(美)和田正道、野中悠太

・2016年の北海道サマーセールにて280.8万円で落札。最終追いは南Wだが、馬ナリでの時計にしても軽めで、印象は弱い。母は16戦1勝。本馬は8番仔。

9・シャインカメリア 牝2
父・アポロキングダム、母・シャインセレブ、母父・クロフネ
生産者・大江牧場、(美)小野次郎、吉田豊

6/28(水)半マイル51.3-37.6-25.2-13.2。ラップタイム13.7-12.412.0-13.2。

・最終追いの坂路半マイル51.3は、終いバテてはいるが、当日の美浦2歳の中では最速タイム。1週前の南Wでも及第点の時計を出しており仕上がりは良好。母は社台ファームの生産馬で5戦0勝。本馬は4番仔。祖母の全兄マンハッタンカフェはG1を3勝(菊花賞、有馬記念、天皇賞(春))、祖母の半兄エアスマップはG2-産経賞オールカマーの勝ち馬、祖母の全姉マンハッタンフィズは全て重賞勝ち馬のアプリコットフィズ、クレスコグランド、ダービーフィズを輩出。

10・ニシノラプランセス 牝2
父・リーチザクラウン、母・ウエルシュクイーン、母父・Caerleon
生産者・中本牧場、(美)武市康男、内田博幸

・2週連続、南Wで追われているがラスト1F12秒台は未計時。いずれも一杯、強めに追われてのタイムのため、微妙な評価になる。母はアイルランドで7戦1勝。本馬は14番仔。