日曜の新馬戦展望・7/2(日)・函館5R・ロードカナロア産駒 vs ヨハネスブルグ産駒。

新種牡馬ロードカナロア産駒、新馬戦絶好調のヨハネスブルグ産駒、ノーザンF生産馬などが注目の的。ここまで新馬戦未勝利のキングカメハメハ産駒もルメール鞍上でそろそろの期待がかかる。

1・ハイチーズ 牡2
父・タートルボウル、母・チーズマヨ、母父・シンボリクリスエス
生産者・村上欽哉、(美)小島茂之、丸山元気

・1週前の函館Wはラスト1F12秒台でまずまず。函館芝での最終追いは馬ナリで余力充分な動きを披露。母は社台ファームの生産馬で19戦2勝。本馬は初仔。祖母マルカコマチは1999年のG3-京都牝馬特別の勝ち馬。

2・ソウラセブン 牝2
父・スクリーンヒーロー、母・ラロキューン、母父・ファスリエフ
生産者・ディアレストクラブ、(美)柄崎孝、黛弘人

・2017年のJRAブリーズアップセールにて324万円で落札。2016年の北海道セレクションセールでは648万円でJRAに落札されていた点は気になる材料。1週前の函館W、今週の函館芝、いずれも一杯に追われるが併走馬に遅れてしまう。母は4戦0勝。本馬は2番仔。母の半兄セイウンワンダーは2008年のJRA最優秀2歳牡馬、同年のG1-朝日杯FSの勝ち馬。

3・プロローグ 牝2
父・ジョーカプチーノ、母・アズマタイガー、母父・エリシオ
生産者・大作ステーブル、(美)松永康利、坂井瑠星

・2週連続、函館Wで追われているが時計面で見るべきものはない。母は13戦0勝。本馬は7番仔。全兄モエレエキスパートは2008年のJpn3-北海道2歳優駿で2着、2009年のG2-弥生賞、2008年のG3-札幌2歳Sでそれぞれ3着。

4・シホノキラメキ 牝2
父・タートルボウル、母・マハーバーラタ、母父・ディープインパクト
生産者・ノーザンファーム、(栗)寺島良、浜中俊

・2016年のセレクトセールにて1512万円で落札。1週前は函館芝、最終追いは函館Wだが、一杯に追われた割りには時計はイマイチで馬ナリの併走馬にも大きく遅れてしまう。母は5戦1勝。本馬は2番仔。3代母Personal Businessは1990年のG1-ジョンAモリスH(USAダ9.0F)の勝ち馬。

5・クローバーレッド 牝2
父・カンパニー、母・アイギス、母父・シンボリクリスエス
生産者・山際智、(栗)湯窪幸雄、城戸義政

・2016年の北海道サマーセールにて216万円で落札。2週連続、函館Wで追われるが時計的には評価できるものではない。母は3戦0勝。本馬は3番仔。

6・ブルベアカラシナ 牝2
父・スウェプトオーヴァーボード、母・スズノヒロイン、母父・スペシャルウィーク
生産者・小河豊水、(美)伊藤圭三、蛯名正義

・2016年の北海道サマーセールにて604.8万円で落札。函館Wでの最終追いは蛯名が乗り5Fから一杯に追われ、ラスト1Fは12秒台。母はノーザンファームの生産馬で4戦0勝。本馬は4番仔。

7・ドナカデンツァ 牝2
父・ルーラーシップ、母・シャイニングアレキ、母父・サンデーサイレンス
生産者・下屋敷牧場、(美)小西一男、木幡初也

・2週連続、函館Wで追われる。終い重点の時計で1秒以上遅れて追走していた併走馬にそれぞれ先着。母は27戦3勝。本馬は6番仔。母の全妹シャイニンルビーは2002年のG3-デイリー杯クイーンCの勝ち馬。祖母シャイニンレーサーは1996年のG3-マーメイドSの勝ち馬。

8・トーセンクロノス 牡2
父・ヨハネスブルグ、母・ジーントウショウ、母父・デザートキング
生産者・片岡博、(美)小笠倫弘、勝浦正樹

・2017年のJRAブリーズアップセールにて2862万円で落札。2016年の北海道サマーセールでは432万円でJRAに落札されており、評価上昇は好材料。1週前は函館芝、最終追いは函館Wにて行われ、まずまずのタイム。母は8戦0勝。本馬は4番仔。母の半弟トウショウドラフタは2016年のG3-中スポ賞ファルコンSの勝ち馬。3代母サマンサトウショウは1990年のG3-エプソムCの勝ち馬。

9・アルトコイン 牡2
父・バトルプラン、母・クロノグラフ、母父・Fusaichi Pegasus
生産者・友田牧場、(栗)崎山博樹、国分恭介

・2016年の北海道オータムセールにて378万円で落札。2週連続、函館Wで追われるが時計的にはイマイチ。母は10戦0勝。本馬は6番仔。4代母Clear Copyは米G3を2勝。

10・スズカマンサク 牝2
父・ロードカナロア、母・スズカローズマリー、母父・アフリート
生産者・稲原牧場、(栗)橋田満、岩田康誠

・1週前の函館芝での動きは軽快。函館Wでの最終追いは馬ナリでまずまずの時計。母は20戦2勝。本馬は6番仔。叔父に2007年のG1-高松宮記念(中京芝1200)など、重賞3勝のスズカフェニックス。祖母の半兄にドクターデヴィアス、祖母の全兄にシンコウキング。新種牡馬ロードカナロア産駒

11・マウロカズマ 牡2
父・キングカメハメハ、母・グランドメージャー、母父・A.P. Indy
生産者・三嶋牧場、(栗)西浦勝一、ルメール

・2週連続、函館Wでの追い切りだが、1F12秒台が出ておらず、評価は微妙。母はアメリカで7戦2勝。本馬は2番仔。母の全兄Stephen Got Evenは2000年のG1-ドンH(9.0F)の勝ち馬。